So-net無料ブログ作成
検索選択
点取り占いブログパーツ

自慢話 [その他]

何事も長続きせず、宿題以外で日記もつけた事のない私が
なぜブログを書き始めたかというと、自慢したい事ができたからです。

出会いは、当時LAに住んでいた私に
母が送ってくれた犬系雑誌だったと思います。

愛犬の毛で愛犬そっくりのお人形を作ってくれる…
そんなステキなショップがこの世の中にあったのです。
"wanko-ami"
http://www.wanko-ami.com/index.html
(バナーの貼り方わかりません。)

作ってもらわない理由が見つかりません。
早速、毛を貯めよー!とはりきりましたが
当時社長はまだ仔犬で、大人になると毛の質が変わるので
1歳以上から、貯め始めた方がよい、と
このショップオーナーのクルエラさんに言われたのか
グルーマーさんに言われたのかよくおぼえてないのですが
とにかく1歳を待ってからの毛貯めスタートとなりました。

私のように、雑誌で拝見して大興奮した方は多かったのでしょう。
貯めた毛を紡いで糸にして、一人ひとりのワンちゃんに似せて…
すべて手作りの作業なので、ほどなくオーダーストップとなった記憶が。
その間、我が家でも引越しがあったり、社長の毛を短くしたりして
毛貯めもスローになってゆきました。
そして、オーダー再開になった時に再び興奮しつつ
申し込んで順番待ちに加えていただきました。

それから2年ほど月日は流れ、ついに社長の順番になりました。
しかし、どこをどう間違えたか、実際の毛の量が
考えていた量の半分だったり、異物が混入しすぎていたりと
私ならではのトラブルがいろいろとあったにもかかわらず
こ~んなに可愛い毛糸玉にしていただきました。

h毛糸玉.JPG

なんとなく↓を連想してしまうのです。


お人形の完成はまだですが、早く自慢したくて書いてしまいました。


宝物自慢 [その他]

みなさん、本当にお待たせしました。
完成したお人形さん・社長ぐるみです。
世界でたった一つの、社長だけの社長ぐるみです。
あの可愛い毛糸玉から…
じゃーーん!
DSC03258.JPG

二体作っていただきました。
"お座り"バージョンと"伏せ"バージョンなんです。

社長はよく、こんなふうにベッタリ寝ている事が多くて、
DSC02755.JPG
このポーズをお願いしました。
DSC03273.JPG
すごいでしょーー!
肉球もつけていただきました。
ダラけている社長のオーラまで伝わってきます。

お座りポーズ
DSC03282.JPG
どのくらい似ているかというと
DSC02712.JPG       















実は、この社長ぐるみ、この写真の社長より実物に似ているんです。
社長ぐるみの方が可愛いからって言い訳をしているのではありません。

作っていただいたのは「wanko-ami」
http://www.wanko-ami.com/index.html
相変わらずバナーの貼り方はわかりませんが
もう私はこのスタイルで行こうかと思います。

wanko-amiさんで作っていただいた方の「みほん」を見ると
お人形と実物が並んでカメラ目線でうつっている写真が多いのですが
社長は探究心とか好奇心とかが大変強く、
鼻や手が届く範囲にこんなに可愛いものを並べてしまうと
取り返しのつかない事になるのは必至なので
並べる事はできませんでしたがなんとかこんなふうにして撮影しました。



私の測量ミスで毛が足りなかったお話はしましたが
一体分なら充分だったのに、二体ほしい!という私の欲望から
長かった社長の耳毛や尾毛をバッサリ切ってしまったために
この写真では若干、違いはありますが、可愛さはそっくりです。

クルエラさん、本当にありがとうございました。
そしてグレースちゃん、本当にありがとう。
グレースちゃんはwanko-amiの第一号で、
グレースちゃんがいなかったら当然、社長ぐるみもありえなっかたわけです。

wanko-amiさんのHPの「ショップ」は全体の一部で
いろいろとコンテンツがあって、とても充実しています。
何度読んでも思わず笑って噴出してしまう事も多々あります。
犬飼いではなくてもお勧めです。
グレースちゃんの事は「amazing Grace」というところです。


社長の容態ですが、お尻のふくらみが大きくなる事もなく
元気で食い意地の張っているいつもの社長です。

お尻の毛を切ってから病院に連れて行った日に
甲状腺ホルモンの分泌に異常がある場合、手術を延期してでも
この値を正常にしなければ再発の可能性が高く、せっかくの手術の甲斐なし。
というお話で、甲状腺ホルモンの病理検査を依頼していました。
今日はその検査結果の日で、私はこの結果が不安で不安で仕方がなかったのですが
結果は正常値でした。
なので予定通り、社長には来週、手術に挑んでもらいます。
不安材料が一つ取り除かれて、今日は少し安心しているところです。

ご心配いただいている方には本当にありがとうございます。


ウサギ犬 [その他]

社長の多飲多尿はよくなってきたと思うと翌日には復活したり
昨日などは激しかったのですが今日はそれほどでもなかったり。
一雨ごとに春がくるように、少しずつ少しずつ
いろいろな事がよくなって行くのだろう、と思います。

明日は久しぶりに社長のごはんを作って、療法食に少しずつ混ぜてゆくつもりです。
やわらかうんち作戦はまだ迷走中ですが
私のごはんでどのくらい、硬さがかわるかを目安にして
いろいろと工夫したり調整したりするつもりです。

そんな中、私のバリウムは飲んで二日目にして出し切った感あり。
もっともどうでもよい事でした…。

今日は久しぶりに夫と会いました。
3時とかまでこのブログを書いている私と全然会う事がないくらい忙しくしていたのですが、
それから朝まで少しずつ製作していたものを見せてもらいました。

DSC03514.JPG
「…はっ?」て感じですよね。

拡大版↓
DSC03498.JPG
携帯ストラップです。 正面は…
DSC03506.JPG
これはポストカードなんだそうです。
ちょっとYMOの「増殖」を彷彿してしまう私です。
余談ですが私より少しばかり若い夫は「増殖」を知らないそうです! ゲッ…。

このキャラクターは「usagiinu」というそうでして、モデルは当然、社長です。
これは東京ビッグサイトで開催されている「デザイン・フェスタ」で出品するそうです。
夫の趣味にほとんど関与しない私は詳細をよく知らないのですが
5月17日(土)、18日(日)に開催されて、いわゆる素人さんたちが
自分の作品を展示したり販売したりするそうです。

前回、友人に誘ってもらって、作品を販売せずに展示だけしたそうなのですが
いろいろな人から興味をもってもらって、買いたいと言ってくださった方もいたとかで
思いの外、楽しかったのだそう。今回は欲を出して、売る気で何体か作った様子。
明日、がっかりして帰って来なければよいのですが。
きっとこういう趣味や才能のある人はいろいろな人のアイディアと感性のつまった
作品を見るだけでも楽しいのでしょうね。
屋外ブースもあるそうなので、私も社長を連れて見に行こうと思っていたのですが
療養中の身となってしまったので、お留守番をしています。



そうそう、デザイン・フェスタの詳細です。
http://www.designfesta.com/jp/df/event/index.html
年に2回、開催されているそうです。

nice!(0)  コメント(8) 

舐め壊し [その他]

「人畜共通感染症」最近ではカタカナでズーノーシス(zoonosis)と表記されている事も多いです。
最も危険で有名なものの代表で狂犬病。
ほかにはブラック・ジャックこと間黒男氏が荒野でディンゴとかいう狼みたいなひとたちに
狙われながらも自分で自分を手術しちゃったエキノコックス症、
その他、日本脳炎、オウム病、Q熱など
この人畜共通感染症、最近のペットブームで急激に増加しているそうです。

予防のためには、犬猫に施すワクチン。
そして犬猫鳥に触ったら必ず手を洗う。
糞尿をすみやかに処理する。放置すると乾燥して空中に舞い
知らずに吸ってしまって感染する事もあるそうです。
そして、口移しで食べ物を与えたり、ましてや口と口でチューなんて言語道断。
絶対にしてはいけない事の一つです。
言っておきますが、狂犬病は唾液感染です。

上記は厚生労働省のHPを参考にさせていただきました。
http://www.forth.go.jp/mhlw/animal/index.html
私が見た限り、ライオンに関する記述はありません。
ウチの社長はライオンなんで、オールOKです。(※ウソです)



ところで。
犬はストレスがあると、自分の手足を舐め壊す症状が見られる、とよくききます。
我が家の社長(ライオン!マルチーズのフリした…)は
会陰ヘルニアに伴う、入院・退院後のエリザベスカラー生活中から
多大なストレスを抱え込んでしまったようで、この「舐め壊し」を激しくするようになりました。
が、術後の回復にしたがって、エリザベスカラーが外れ、トイレや食事、お散歩が少しずつ
元に戻ってからはこのような症状も軽減されてきました。

しかし、突然の腰痛再発により、またしても食事とお散歩、くわえて室内での運動を
制限された状況で再びストレスによる「舐め壊し」が始まってしまいました。
ただし、社長は犬ではなくライオンなので、自分の手足を舐め壊したりしません。
標的は私の顔・主に口周辺です。
一回・10分~15分、それが一日4セット~5セットです。
一日1時間以上は、ナメられてます。

完全肉食と言われている猫さんの舌ほど、犬の舌はザラザラはしてませんが、
実際にはナマの骨にこびり付いた血肉をあます事なく食するために案外ザラついてます。

一日に1時間強、一生懸命にナメられていると
結構、大変な事になります、口角のあたりが特に…。

手術後の退院時はこんな事になると思わなかったので特に対策をとらずにいたら
口角が赤く腫れあがり、うがいや歯磨き時などの、口を大きく開く時には
とても痛いことになってしまいました。

今回の腰痛に伴う日常生活のストレスによる舐め壊しでは
1回10分~15分のチューの後、ラスフレでコーチにチューされちゃった瑠可
またはエリにチューされちゃったタケルさながら水道でものすごく口周辺を洗い流しています。
「イヤだから洗ってるんじゃないんだよ」と社長に言い訳しながら。

本当はイケナイ事ですが、私的には社長が自身の手足を舐め壊すよりラクです。
薬を塗ったりなど、対処できますしなにより、よくきく「舐め壊し」がどんなに痛いかわかりました。

今回の安静で、トイレもおかしくなってきている社長。
また日常生活に戻れば、すべてうまくいくはず。
私の口の舐め壊しもいずれはなくなるでしょう。











nice!(0)  コメント(6) 

攻撃性と頭痛 [その他]

昨日の昼間、テレビを点けたら番組と番組の間の5分くらいの短いニュース番組がやっていました。
「アキバの通り魔か!」とネットのニュースで少し知っていた夫がいいましたが
なにも知らなかった私はなんのことやら?

ニュース映像は血を流して倒れている人を介抱する警察官がうつっていました。
5人が死亡したと伝えていました。犯人は捕まったとの事。
「世の中がいやになったなどと言っている」と。
呆然とテレビを見ながら
「この人、死刑だね。」と言うと「そうだね。」と夫が言いました。
当初、各種ニュースでは「通り魔」と報道していましたが
言葉が軽すぎるという批判を多く受けて「無差別殺人」という報道にかわりました。
そして現在の報道では死者は7人ということです。
事件の詳細は以下の通り
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080608/crm0806081951028-n1.htm

最近、来年5月から施行される「裁判員制度」について
身近でも話題になるし、メディアでもなにかと制度の是非や問題点にふれています。
元判事の方がテレビに出演し、
法のプロではない、一般市民が「死刑判決」の重圧に耐えられるのか
と問うなど、数ある問題点の中で一番の焦点はこの「死刑判決」に関することのようです。

もし、この事件の裁判員に自分がなってしまったら……
またしても妄想癖がもっそり頭をもたげます。
迷い、ないかも。
たとえ被告の家族が目の前で手を合わせていたとしても
「死刑、5分後。」て言えちゃうかも。
犯行時間は全部で5~6分ほどだったのこと。
この事件で命を奪われた人には1分の猶予も与えられず
強制的に理不尽に死なされてしまったのですから。
こんな事件で命を奪われた人の家族の人生すら奪ったのですから。

事件翌日の今日になって、犯人がネットの掲示板に殺人予告をし、
秋葉原へ行く道程の実況中継をしていた事を知りました。これ↓
http://mainichi.jp/select/jiken/akihabara/news/20080609k0000e040038000c.html

警察はこの通報を受けて警戒をしていたそうです。
犯人が取り押さえられた映像を見ると、片手で犯人を押さえ込み
片手で無線機だか携帯電話だかを持ち、本部みたいなところに連絡している警察官と
普通の通行人みたいなメタボ体型のオジサンが片手で押さえ込んでいます。
「犯人がスキをついて急に暴れだしたら、この人は応戦できるのか?危険すぎる。
警官も、なんで、危ないですから下がって!とか言わないのかな。
連絡もしなくてはならないのでナイス助け船だったんだろうか??」
なんて思っていたらこのオジサンは私服警官だったそうです。

実際のデータは知りませんが、電車男ブームでオタクのステイタスが上がり、
秋葉原という街がキレイになって人気がでてきてから、妙に治安が悪くなった気がします。
「気弱なオタクなら脅せばすぐに金を出す」なんて理由で狙われたり、
この街を聖地にしていた先住民のオタクたちにとって、
この街の急激な繁栄はハタ迷惑な事だったかもしれません。
えーと、そんなわけなので、予告の通報がなくても私服警官は普通に
配置されているのかもしれませんが。

この実況中継カキコの中で、私にとって妙に印象深い部分がありました。
頭痛に関する部分です。頭痛を訴える文章が二回ほどでてきます。
ある過去の惨劇を彷彿とせずにはいられません。
数ヶ月ほど前に「ザ!世界仰天ニュース」というテレビ番組でみた
「テキサスタワー乱射事件」。
内容の詳細はこれ↓(手抜き)
http://www.ntv.co.jp/gyoten/oa/080123/01.html

もし、もし、今回の犯人の脳にも腫瘍ができていたなら…。
その腫瘍が扁桃核の部分であったなら…。
もしその腫瘍を取り除く処置が施され(多分、税金で?)
見た目や態度もうってかわり、毎日写経したりなぞして
同級生たちの証言に基づく、勉強もスポーツもよくできたというような
ものすごく品行方正な青年が深い深い反省と懺悔の心情を吐露したならば…。
それでももし自分の家族が被害者だったら
「身体の不調を感じ取っていたのなら自分で検査に行くなりの
措置をとるのは自己責任。疾患のせいだからといって許されるものではない。」
と言うと思います。

先日見た、裁判員制度に関するテレビ番組で、
死刑判決に限らず、判決に感情をぶつけてはいけない。
法に見合った刑罰と、被告に更生の余地があるかどうかを
見極めなければならない。といっていました。

今朝のワイドショーで、リポーターが
犯人の実家のご近所さん(よく調べあげるもんです)に電話して意見をきいたところ、
「えっ!あれ、加藤さんとこの息子さんなの?!ウソだろうっ?!」
って言っていました。
あたりまえの事なんだけど犯人もまた「加藤さん」の「息子さん」なのだと思いました。

またしても、とりとめなくダラダラと思いつく事を書いてしまいましたが
頭痛持ちの方は、一度は是非ともMRIやCTなどの検査を受けてください。
それで問題無かったとしても、頭痛外来に通うのが良いと思いますが
どんどん痛みがひどくなったり、痛みとともにイライラや攻撃性を感じたら
再び、検査を受けてみてください。

私の夫と夫側の家族、私の父の義理のイトコの伯母さん(遠い!)は頭痛持ちです。
頭痛って、ハタからみると仮病みたいにみえてしまい、
周りから、「また頭痛(仮病)か…」という態度をとられるのがイヤで
無理をしてしまう人も多いそうです。
家族や職場など身近に頭痛を訴える人がいたら周囲は理解してあげてください。
頭痛の種類にもよるそうですが、我が家では
光量を抑える、おでこなど頭部を冷やす、テレビや音楽など音を抑える、などしてます。
痛くなってしまうと自分でおでこを冷やす措置を取る事も困難なほどだそうです。
そしてゆっくり休ませてあげてください。
周囲が理解してくれるという事で気持ちはずいぶんラクになるそうです。
痛みの度合いや攻撃性なども注意して見守るようにしてください。
っていうか、そういうふうに気をつけます。
nice!(0)  コメント(12) 

マンガのススメ [その他]

洞爺湖サミット開催まであと4日となりました。

詳細こちら↓

http://www.g8summit.go.jp/index.html

 

今朝、みのもんたさんの番組でみましたが

観光シーズンの洞爺湖周辺は観光客が寄り付かず、

警備をする警察官とパトカーだらけとのことです。

「都内はあちこち検問だらけ」

本当です。

皇居が近い通勤先の駅周辺では至るところに警察官が。

社長がずいぶん元気になったし、持ってゆくものもあるので

この週末は実家へ行こうかと思っていたのですが

サミットが終わってからにしようと思います。検問渋滞なんかがありそう。

駅の改札に立っている警察官は私が定期を取り出すために

バッグのポケットに手を入れただけでも凝視。

携帯電話をいじりながら歩いていても凝視。

怪しまれるような行動をするなって事でしょうね。

警察官の位置もだいたい把握しましたから、この方たちの前では

なるべくそのような行為を慎むようになりました。

 

サミット開催国っていつもこんな感じなのでしょうか?

近年の日本の治安悪化がものすごく顕著な気がします。

前回の九州沖縄サミットは都内にも九州にも沖縄にもいなかったから

わからなかっただけなのでしょうか。

 

せっかく街をあげてサミットに協力している洞爺湖周辺に

サミット終了後には観光客が戻る事を願います。

上の公式HPにもあるように、写真を見るだけでも

心が洗われるようなとても美しい場所です。

なら自分が行け、と言いたいところですが

今年はちょといろいろあって、まあ、その、金欠なんで、モゴモゴ…、無理です。

 

洞爺湖サミット開催前にはアイヌ民族による「先住民サミット」

が開催されていたそうです。

そうそう、これを機に、読んでない方は是非

手塚治虫さんの「シュマリ」を読まれてみてはいかがでしょうか。

こっそり撮ったのでなんだか遠目です。


nice!(0)  コメント(4) 

マウスピース発見 [その他]

夫が突然CPRとAEDの講習を受けてきました。

勤務する会社が入っているビルの主催で
ビル内に救命救急士の方と消防署?の方お二人が来て
希望者のみが無料で受けることができたようです。


テキスト.JPG
2005年て…受けたのは2008年7月です。

そしてこれがウワサ(?)の人工呼吸用マウスピース

マウスピース.JPG

胸骨圧迫は50回を2セットやったそうです。翌朝は筋肉痛だと言ってました。
テキストには前にいちごさんがコメントくれたように30回と書いてありました。
年々増えている大規模災害のたびにデータが塗り替えられているのかもしれません。
とりあえず夫、GJ。 これで私の命は保障された。
あ、でも夫はほとんど家にいないのでダメか。

ところで、この講習では乳児向けや小児向けの蘇生法も学ぶそうで、
なにかと危険な目に遭いやすい小さなお子さんをお持ちの
パパママにもお勧めかもしれません。
社長にはイザという時、乳児向けが使えそうだな…とつぶやいてました。
気道確保などはヒトとは違うのでこれは確認しないといけません。

かれこれ一ヶ月ほど前になる秋葉原のような惨劇はそうそうないとしても
交通事故に遭遇したり、自然災害などの大規模災害に際した場合、
被害者は一人や二人ではない可能性があります。
夫が認定書を持ったという事は誰かを救出する際の
夫への感染対策をマジで考えないといけません。

講習を受けるよ、と夫から聞いた時から探し始めていたのですが
医療用のゴム手袋は近所のドラッグストアで簡単に手に入りました。
しかし、人工呼吸用のマウスピースの事を訊ねると
薬剤師の方でも「そんなモノは初めて聞いた」みたいな顔。
そんで、夫が持ち帰ったマウスピースに記載された会社名で検索してみたら
ありました。
http://item.rakuten.co.jp/okuchi/10004395/
勝手に載せちゃってるんですけどいいですよね。
キーホルダーがついちゃったりして、携帯ストラップに無理やりつけたりもできそうです。
私の探し求めていたものはまさにこれだっ!
しかし高いな…。けど命にはかえられません。

ついでにこんなのも発見しました。
http://www.ee-life.jp/goods_detail.php?goodsIdx=18
これも勝手に載せちゃってるんですけどいいですよね。
説明中にもあるように車に一つぶっこんどいてもいいかもしれません。

いろいろと検索していたらすでに数年前にso-netブログにて
このマウスピースを紹介している方がいらっしゃいました。
なんと業務用マウスピース
http://www.mask.co.jp/osato/resako/resako01.htm
左下の携帯用酸素も気になりますね。その名もサンソクンです。

ものめずらしく、また、なくとなく心ひかれるグッズたちですが
救命救急で大切なのは技術と冷静さだと思います。
弘法、筆をえらばず(?)。
夫は、「一回や二回、講習を受けたからってイザという時に
パニックにならずにできるとはとても思えない」
って言ってました。
だからといって私が練習台になるわけにもゆかず…。
けど一回や二回、練習しているのとしていないのとでは全然ちがうと思いますから
私も面倒がらず、お金を払っていつの日か受けてこようと思います。


nice!(0)  コメント(7) 

気管虚脱症の季節 [その他]

今日、私が夕方に仕事から戻った時
社長は喜びのあまり興奮して気管虚脱症の症状がでました。

これはすでにかかりつけの獣医さんに診断していただいており
社長の場合は、投薬するほどではなく、小型犬なら仕方のない程度の
軽い症状なので特に投薬希望でなければ現状OKと言われています。

なのでいつもの軽い発作だろうと考えました。
症状が出ている間はとても苦しそうに座り込んだり伏せてしまったりしますが
時間にしてみれば10秒以内におさまり、その後はいつもケロっとしています。

ところが今日の帰宅直後はいつもより発作時間が長いように感ぜられ、
(といっても10秒はこえてないと思いますが)一旦おさまった後でも繰り返します。
2回、3回繰り返すことは普段からありますが今日は5回も6回もという感じ。
私が戻る直前まで超熟睡ぶっこいて、よほどビックリしたのかな??と考えました。

その後は特に症状は出ず、いつもの感じで食事したりお散歩したりしました。
社長の場合は、お散歩時に気管虚脱症の発作を起こす事が多いのですが
今日はそのような事はありませんでした。
ただ、3年前に熱中症で倒れた日と同じように
気温はそれほど高くないけど湿度が異様に高い今日で
なんとなくあの日の事を思い出していました。

暑い日のお散歩は、帰宅予想時間にはキンキンに冷えるように
クーラーをセットして、常設のクールマット+アイスノンを配備しています。
もちろん氷水も配備。今日も同様にセットしましたが
散歩後に水をびちゃびちゃ飲むこともなく、アイスノンの上でヘラ~
となることもなく、ヨユウな感じ。
で、いつもより早くクーラーの温度設定を上げて
私は自分の食事やら後片付けやらをしました。

その後、社長に声をかけるとまた発作。
前述の私の帰宅後より悪化している感じ。
しかも一旦治まってもずっと息苦しそうに身を固めています。
何故に今日はこんなに発作を起こすの?
もしかして気温や湿度に関係があるのかな…?
とりあえず社長は落ち着いたけどなんとなく元気がありません。
病院はもう閉まっている時間だけどイザという時には
往診専門の夜間救急の連絡先をおさえてあるので(既にお世話になった事あり)
それほどパニくる事もなく、PCを立ち上げて検索してみました。

気になる箇所の抜粋です↓
>運動、興奮、気温の上昇は、呼吸器への負担をさらに高めるので、十分な配慮が必要です。
>夏期は暑さで症状が激しくなる場合が多いため、エアコンを使用するときは
>犬の呼吸状態が安定するまで温度を下げてください。
> 私たち人間よりも、毛皮を着ているので、その分を少し考慮して…

>通常、ワンちゃんの最適生活条件は、20度以下といわれています。
>正解というものではないのですが、温度は12~20度、
>湿度は50~70%が一番よいのではないかと思います。
>人間にとっては、温度は低めですが湿度はベストです。

ソースはこちらです↓
http://inu.or.tv/soudan/02_0040.html

………実は、
我が家の地球温暖化対策として、あとは電気代などその他諸々の物価高現象に伴い
エアコンの温度設定を昨年よりも0.5~1℃上げていました。
あと、私の血管が詰まってきたのか、それでもちょっと寒く感じる場合は
エアコンを消したりもしていました。

冬場はなるべく暖房器具を使わないように厚着をしたので
それはそれでお犬様に優しかったのかもしれません。
しかし、夏場は暑けりゃ脱ぐ!って方針で「このまま外に出たら逮捕される」ような格好で
過ごしていた温度設定が社長にはマズかったのか?
それとも老化に伴う筋力の衰えとかなんとかのせいか??

というわけで即座に去年までの温度設定に変えたところ
2時間後に、今までと同じような軽い発作を一回起こしたけど
すぐにおさまり、その後は今まで発作なし。
深夜に帰って来た夫に興奮しても発作なし。
でした。



nice!(0)  コメント(2) 

iPhoneがやって来た [その他]

ヒ ト っ て ま つ り が ス キ で す ね 。

日本人て…って書き出しにしようかと思っていたのですが
世界中、祭りが好きな人たちは一杯いて
日本の祭りは世界的に見たら、むしろ地味な方かもしれないと考えた事と
1年前にアメリカでもまったく同じ祭りが起きた事を思い出したのでやめました。

昨日のおまつり「iPhone祭り」。
表参道店では朝7時開店て事で1500人の行列ができ、
7時直前にはカウントダウンとかイベントとかあったそうです。
時間と天気予報を見るために点けているテレビで
見るともなしに知ったこのお祭り。
我が家から駅までの道のりにもSoftbankの直営販売店があるので
ちょっと楽しみに家を出ました。

表参道まで行くには、地下鉄で1時間もかかってしまうけど
銀座に出るより千葉や埼玉に行く方がはるかに早い我が家だけど
なんと言っても(住所は)首都・東京。しかも(住所は)23区内。
どれほどの行列ができている事やら。
道すがら、デジカメを持参しなかった事を後悔しつつ、直営店に歩み進むと…
いました、いました、行列がっ!

ふ た り 、 ま つ り 。 ・ ・ ・ ?

2人、並んでました。

ぐぁはは~、あんまり面白くて携帯電話で撮影しようかと思ったのですが
いたたまれなくてできませんでした。
Viva!この街!

そんなアトのまつりに今日、夫が参加してきました。
首をグキッッ!って左に傾けてご鑑賞ください。Muteでね!





社長横のiPhoneに写っているのは社長のレントゲン写真です。

日本全国津々浦々、こんな街が多かったみたいですね。
孫さんまつりのために、表参道を7時開店にした感じがします。

多分、アメリカのまつりもこんな感じだったんだろうな~…。
と、思いました。



nice!(0)  コメント(7) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

膿皮症の季節 [その他]

ここのところ連日30℃超えでまったく暑い毎日です。
社長のお散歩も夜は日が暮れてからとなってしまいました。

室内ではエアコンを25℃設定にしてから
気管虚脱症の症状はまったくでなくなりました。
が、しかし梅雨~夏にかけて社長と私を悩ます
膿皮症がまたむくむくと出始めています。

膿皮症
http://www.pet-byouki.com/byouki/nouhi.html

社長は薬を使うほど悪くなった事はないのですが
この季節には一週間に一度のシャンプーだと悪化してしまい
2日~3日おきにノルバサンでシャンプーします。
それでなんとか「ちょっとカユイ」状態を保っている感じです。

マルチーズは犬種的に皮膚が弱い性質があるそうですが
社長の場合は、日本に来てから症状が出るようになりました。
観察していると、フロントラインをつけると悪化するような感じです。
しかし季節的に、どうしてもフロントラインを使わざるを得ないし
頻繁にシャンプーするので殊更きちきちとフロントラインせざるを得なく…。

LAにいた頃は防虫効果のあるエッセンシャルオイルを希釈したものを
スプレーしたり、なんだか名前を忘れてしまったけど「A」のつく
スポットタイプの駆虫薬を使っていました。
帰国する際に病院で「日本で買うと高いですよ~」と脅されて
その薬を半年分買って帰りましたが、日本のダニ、特にマダニには
効果がありませんでした。
しかもノミなんてLAのノミより日本のノミの方がデカい!
野菜でも動物でもなんでもアメリカは日本よりビッグサイズがほとんどなのに
ノミ・ダニは日本の方が大きく、また強靭でありました。

アメリカで買って来た薬をつけていたのに社長がダニだらけになり、
あまり間を置かずにフロントラインをつけてよいものかどうか、
そもそもフロントラインを買うにも病院に行かなければならないけど
知っている病院がたまたま二連休している時だったので(お盆だったのかな?)
とりあえずシャンプー→ダニ死なず→綿棒にオイルをつけて手で一匹一匹
駆除する、という事をしました。
ウソみたいなんだけど本当ですがこの時280匹のダニをとりました。
途中休憩を入れながら4時間かかりました。
社長の皮膚がピンクで毛が白で私の視力が異様に良いからできた事だと思います。

と、まあ、こんな事があったのでナチュラル志向とか言っていられずに
フロントラインは欠かせないモノになってしまいました。
でもフロントラインをすると膿皮症が出てくる。
たまたま季節的にぶつかるからそのように感じてしまうのかもしれませんが…。

設定温度25℃というのは私には寒いのですが
先日、この設定でもちょっと暑いと感じて、24.5℃にした日がありました。
気管虚脱症を恐れてこの温度設定にしたのですが
この日は社長の「ちょっとカユイ」が落ち着いていたので
皮膚を見てみたら発疹が薄くなっていました。
前に載せた「犬の生活気温」では最高20℃となっているのは
大げさな話ではないんだな~、と思いました。

しかしそこまで下げる事はなんとなく人道的にも経済的にもできないので
25℃でシャンプーを頑張りながらダマシダマシ夏を乗り切るしかありません。
夏は地球にも社長にも私にも厳しいです。



皮膚病といえばダルメシアンは遺伝的に(?)皮膚の弱いコが多いそうです。
皮膚病とは関係ありませんが、久しぶりにテレビで流れていた
私の気に入りのPV↓にダルメシアンさんが出ています。Youtubeにありました。




nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:ペット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。