So-net無料ブログ作成
検索選択
点取り占いブログパーツ

 [その他]

ブログを始めてみることにしました。

ACHIとは我が家の、マルチーズのフリをした雄ライオンのことです。

ACHI会社=ウチ

ACHI会社社長=ACHI

ACHI会社社長秘書=nanami

というわけなんです。
写真を載せたくてブログ初体験に挑戦することにしたのですが
自分はとっても写真を撮るのがヘタだった事を思い出しました。
写真を選ぶのに何時間かかったことか…
一番最近撮った、M元公園でご挨拶したワンちゃんとの写真を貼ります。







社長の仕事日 [その他]

今日は社長お散歩にM元公園に行きました。
少し暖かくなってきたこのごろでも、平日の夕方に行くとドッグランは貸切状態なのですが
さすが日曜日。たくさんのワンちゃんと飼い主さんたちがいました。
ドッグランが出来たばかり頃は毎日のように来ていたのですが
社長が腰を傷めてからはたまの休日にしか来ず、顔見知りの飼い主さんも少なくなりました。

ドッグランて、犬の地位アップの結果、もたらされた恩恵とか
犬同士のコミュニケーションが大切ですよね~という主旨で設けられているような気がしますが
実際には条例違反なのに後を絶たない「犬にリードをしたくない飼い主さんとその犬」に関連する
事故やクレームを防ぐために、ひと所に閉じ込める事が目的なんだろうなーと思ってました。
通うようになり、様子をみていると意外とそうでもなく、普通の飼い主さんと普通の犬たちが多いです。
考えてみれば、ノーリードの犬たちはどこでもリードなんてしないから
わざわざ柵の中に入る必要なんてないんですね。
と、飼い主さんが考えているのかもしれないな、と思いました。

文章力がなく、わかり辛くてすみません。でも読んでくださってありがとうございます!



自分の犬のしたウンチは片付けろ~!マジで。
(写真とは関係ありません)

ごみの出し方と黄色 [その他]

今日、郵便受けに「資源とごみの正しい分け方・出し方」なる冊子が入っていました。
〔保存版〕と書いてあります。
はいはい。やってます、やってます。都内に引越して来た当初は情報が少なく
わざわざ清掃事務所へ電話をして分別方を訊ねたし
講習会みたいなものにも参加しましたよ。
今さらだけど確認の意味で見てみましょうや…なんて思いながら見てみました。
「平成20年4月1日から出し方がかわります」と。
そういえばそんな張り紙を見たかもね。どんなふうにかわるの?ふむふむ……
…なんかすごく洗わなくちゃいけないの?しかも燃えるゴミ(正しくは「燃やすごみ」らしい)の
定義がものすごくかわるみたいです。
今まで引越しの多い我が家は住む場所が変わるたびに
その地のごみの分別方を学ぶのは私の役目です。
説明会に出向いたり、わざわざ電話をしたりして頭にたたきこみ、
家の者に伝えると、面倒臭い!なんでそこまでしなきゃならないんだ!!
とキレられるのも私の役目です。
また文句言われるのかな、ゴミ捨てしないあの人から。
私が決めてるんじゃないんですけどね、ごみの分別。

なんだかおサレな感じの分別ゴミ箱なるものを買おうかと幾度か考えた事はありましたが
実際に使う事を考えるとどれもこれも今一つ使い勝手が悪そうで
しかもただのバケツなんだけどゴミ箱はあるんだからわざわざ買いなおさなくていっか~
と、分別はビニール袋や床放置など、工夫して今まで乗り切ってきました。
しかしフタにイラストでも付けられる分別ゴミ箱にしてみるかなー。

せっかくブログに書いたのだからURLでもくっつけとくかーと思い、今一度確認したら
「資源とごみの分別辞典」で検索しろと、URLの記載ありません。
仕方なく、言われた通りこの語句で検索したって他の地域のものばかり出てきて
結局わが区のページ見つけられず。だんだん腹が立ってきて今かなりピークです。

※「段々腹」ではありません。段は若干ありますが…


違うトピックですが

今日、社長のお散歩中、同じマンションに住むワンちゃんSとその飼い主さんに会いました。
久しぶりに会う方で、興奮する互いの犬たちに振り回されながらも少し立ち話をしていました。
すると「ウチの犬のオシッコかかっちゃったかも!」と。
最初よくわからなかったのですがよくよく社長の顔を見ると額から
目のあたりから口のまわりなど真黄色!
恐縮する飼い主さんに「大丈夫、大丈夫。このくらいいつもの事です。はっはっは。」
と、大らか且つおだやかに告げて「それでは、また~。」と別れました。
興奮してマーキングしようとしている相手のワンちゃんの足下に
社長自ら顔をもぐらせたのが火を見るより明らかだからです。
その方が見えなくなる所まで来てから、大慌てでもう一度確認しました。
結構、大量です。
お散歩バッグには先日切らしたままティッシュを補充しておらず、家に戻るのも面倒臭いので
オシッコ流し用のペットボトルの水をがばがば~と社長の黄色部分にかけました。
社長「いきなりなにしやがるっ!?」とばかりに超びっくらこいて、ぷるぷる水を飛ばしましたが
その水しぶきが私にも思いっきりかかり……社長~!勘弁してくださ~い!
しっかり管理しないで立ち話していた私たちがいけないんですけどね。。
黄色の写真をとりましたがこの写真ではあまりよくわかりません。
リボンの色は元々黄色です。


社内風景 [その他]

ACHI会社社員は年中無休、24時間勤務です。
秘書である私と運転手である夫は住み込みで会社に尽くしています。
しかし無給なので会社存続のため、昼間、他社へ働きに行っています。
ACHI会社の勤務時間内なので社長には大変申し訳なく、
しのびない思いですが平日は約7時間、社長には一人で会社を守ってもらってます。
「今から行って参りますが、なるべく早く戻ります。なるべく早く戻りますからね。」
と毎日告げて家…じゃなかった、会社を出ますが
その時の社長のやるせなく切ない表情が私たち社員の胸を刺します。

社長にとっての会社で過ごす7時間、どんなに長く空虚だろう?

あいつらは、いつ戻ってくるのか?もう帰ってくるかな?と、

一日中考えながら、きがきでなく過ごしているのではないか?

心配で心配でたまらない…24時間勤務なのに申し訳ない。。。

そんな思いでACHI会社入社時からライブカメラなるものを導入してもらい
携帯電話や他社PCから社長の体調や社内環境のチェックをしています。
(他社様、本当にすみません)

そんな社内のよくある風景の一つです。





なんだかグチっぽい事を書いてしまいましたが…まあ、そういう事です。

千のアチ [その他]

他社からの帰り道あたりから、ある歌のフレーズが頭の中にめぐりだし
仕方がないのでなんとなく替え歌を考えてみました。
しかし、出来がイマひとつで自分の中でボツにしたのですが
かれこれ9時間くらい、頭の中をかけめぐり、
嫌気が差してしようがないので
書くことによって平静をとりもどせる事を期待しつつ、発表したいと思います。

私が社長をお風呂に入れる準備を進めている状況での
社長の心情を綴ってみました。


「千のアチになって」  (「千の風になって」の曲で)

わたしの ハウスのまえで

呼ばないでください

ここにわたしはいません

かくれてなんかいません

千のアチに 千のアチになって

分身の術で危機をまぬがれたいのです


分身の術で危機woーーーーーーーまぬがれたいのです


終わり



本当にどうもすみません。




※写真はイメージです。




会社沿革 [その他]

リアルに寝る間もなく働いている私の夫は
しばしば「アチー、一日交代してよ。一日中ゴロゴロするから代わりに会社行ってよー」
なんてアチに話しかけます。

そんな時、一般的には
妻「本当ね。ふふふ。」とか「そんな冗談を言ってないで本当に無理し過ぎないで、あなた。」
というような反応になるのかどうかわかりませんが

とにかく私の場合、そんな話をきいてしまうと
脳内で不思議な世界の扉、またはトワイライト・ゾーンの入り口が
パカッと開き、妄想の世界へといざなわれてしまいます。

もしも、夫とアチが入れ替わったら…。こうした妄想の多くの場合

姿かたちはそのままで、立場だけ入れ替わり、周囲もそれを認識している場合と

中身だけ入れ替わり、周囲は入れ替わりを認識していない場合

等の設定は曖昧です。

「アチが会社なんて行ったら、とりあえず半日はそこら中のニオイ嗅ぎまくりだよー。ギャハハ。」
なんて私が言うと、夫もそんな話が嫌いではない様子で
トイレ行ったら片足上げて横向きにしちゃうんだよ。あはは。」
とかなんとか言ったりして、とにかくこの場合は人間の姿をしたアチを妄想しています。

「ミーティング中でもカミカミしたり寝たりとかしちゃんでしょ~。ぐぁはは。」
「メール見たって返信できないよ。だって肉球でバンバンキーボード打ってるだけだもん。ぅわはは~。」
この場合は姿かたちはそのままで、立場だけ入れ替わっている場合です。

こんな会話が日常的に繰り返されているおヴァ家庭ですが
ある日、見るともなしにつけていた音楽専門テレビ番組で
私はとあるPVに釘付けになりました。
可愛いのかどうか甲乙つけがたいキャラが社長のごとく振舞って
おそらく契約書みたいなものにメチャメチャなサインをしたり
わけのわからない自分のオヤツを秘書みたいな人に勧めたりして
楽しく働いているようなPVでした。
録画して、夫にも見せて
「これって私たちの妄想のアチだよね、社長みたいだからアチ会社だ!」
「アチ会社だ、アチ会社だ。」

そんな渦中の当ブログ開設で、なんとなくアルファベットにして
ACHI会社設立となりました。

原点は妄想ですが、きっかけはこのPVです。
Youtubeにありました。



この曲はリーバイス・ヨーロッパのイメージ・ソングになったそうです。
ソース↓
http://www.jetsetrecords.net/jp/columns/feature/29

キャラの名前はFlat Ericというそうで、この名前でYoutube内検索すると
リーバイスのCMから素人作品まで幅広くたくさん出てきます。

ちなみに私はリーバイスやMR.OIZOの回し者ではありません。



力作でした。

ありきたりな昔話 [その他]

昨日だか一昨日だかに円相場がUS$1=100円をきったそうです。

かつて100円をきった頃、テクノだハウスだジュリアナだという感じに
とてもバブルな環境でしたが
そんな世の中にあって
私はインド系ポップみたいな音楽に魅せられていました。
何がきっかけかはあまり覚えていないのですが
多分テレビ番組かなんかだと思います。
最初の内は、当時住んでいた実家からすごーく遠いのに
「ここに来ないと欲しいものが無くて…」とばかり、わざわざ六本木のWAVEに行って
ナジマのLPや、それっぽいレコードをジャケ買いし
部屋でお香を焚き、濃~く煎れたジャスミン茶を飲みながら
それらレコードを堪能していました。

次第にインドへの興味はエスカレートして行き
中華街かなんかの在日インド人の方々が日用品を調達するような
インド人による、インド人のための雑貨屋さんで
ネイティブインディアンアーティストのカセットテープを買うようになり、
そんな曲を聴きながらロウソクとお香を焚いてヨガをするようになりました。

ヨガは本を勝手に買って貪り読んだもので、写真カラーページもなく
たまに発見する白黒イラストはチャクラの場所を示すためのものです。
現在のようにヨガマットというようなものはなく、
ましてや「ヨガで心身ともにリラックス。」とか
「ヨガで代謝アップ、ダイエット。」等、爽やかでなんだかオサレで
清潔感のある雰囲気はありません。
とても暗く孤独な、いわば修行です。

記憶が曖昧なので真のYoganistの方からすると「ちが~~うっ!」
という事なのかもしれませんが
当時の私が打ち込んでいた事はチャクラを意識して、
それを開くこと、移動させる事だったと思います。
何時間もものすごく集中しつつ瞑想するので
まったく体を動かさないのに汗をかいたりしてました。
前述のように、ヨガマットなんてものは多分、当時の世の中になくて
中華街の大中で買った、草木染のすごく大きなインドな布をくしゅくしゅにして
おしりなどが痛くならないように敷いて使っていました。

※昔から今までなにかの宗教団体に所属した事はありません。
あくまでも個人の趣味レベルです。マジで。

ヨガマットがわりのそのインドな布を私は大層お気に入りで、
しかも安かったので何枚も買ってカーテンにしたり
現在でもベッドカバーに使ったりして愛用しています。

そんな私がなぜ今ヨガをやっていないのか考えてみました。
是非ともインドの山奥で修行をするしかない!
とまで思いつめていた気がしますが、なんとなく基本中の基本の
インドにおける大便後の処理を知って(お食事中の方、申し訳ありません)
序所に距離をとっていったような気がします。

ところで、たくさんあるインドな布は現在、社長もご愛用です。
↓の写真は午後の映像のもので、平日の午前中、あるいは午後に至っても
一日10時間くらいはこの上で瞑想をしています。

かなりな行者と思われます。





流血事故 [その他]

小春日和な日曜日の本日、ドッグランで
社長は初めての流血事故に遭いました。

すぐさま病院で診てもらったところ、
このまま化膿しなければ傷自体は軽いもので
三日間は最低一日一回の消毒、一日2回の投薬、
その後病院で診てもらって予定通りに良くなっていれば
投薬終了としましょう、との診断でした。
精神的なショックも見受けられず、いつも通りの元気な社長です。
大事に至らなくて本当に良かったです。
今はただただ胸をなでおろすばかりです。

相手のワンちゃんと飼い主さんはお会いするのは初めてでしたが
近所の方でよくそこのドッグランに来ているとのことでした。
でも今回のような事は初めてなのだそうです。
美人でおとなしそうなワンちゃんできっと社長も興味津々だったのだと思います。
よほど社長をイヤだったのでしょう。

私は社長を6年間お世話してきましたが牙を剥いた顔を見た事はありません。
しかし年齢によって性格がかわってゆくのは人もライオンもある事だし
環境や体調でいつスイッチが入るかわかりません。
今回の事を良い勉強として、これからももっと気を付けなければならない、と思いました。
社長、社長、本当にごめんね。

ところで、前に危機管理の事を書きましたが、さすが社長です。
逃げ足が超速かったそうです。
しかしACHI会社は健康保険に加入してないため
治療費はかなり痛いお勉強代になりました。
ちなみに社員は他社で、健康保険には加入しております。

診ていただいたのはいつも行っている病院なのですが
時間外だったのに丁寧に診て頂いて大変助かりました。





先日、インドのお話でYoganistと書きましたがこれは間違いで
正しくはヨガをする人をヨギー、ヨギーニと言うそうです。
読んでくれたお友達から教えてもらいました。ありがとうございます。

AED [その他]

社長お散歩でほとんど毎日、近所の消防署の前を通ります。
私はそのたびに思い出す事があります。
「応急手当講習会」。

社長は軽い気管虚脱症の症状があり、
その上よく喉に犬用のガムなんかを詰まらせる事があるので
犬猫(とかライオン)の応急手当や蘇生術を教えてくれる教室なんてあったらいいな、
と日々考えていました。

そんな折、私の友達がAED講習を受けたという話をききました。
なんとなく日頃考えていた社長のための蘇生術とその話が
私の中で結びつき、とても興味が沸いてきて友達にいろいろと話をききました。

9時間飲みの後半だったため正しい記憶ではないかもしれませんが
その友達は実際に人が倒れた場面に遭遇し
率先して応急手当に乗り出した通りがかりの男の人が
AED講習だか応急手当講習だかの修了者のみが渡される
認定証を付けていて、それがとっても格好良かったのだと言っていました。
その話をきいて、
「へぇ~そんなブランディングもあるんだー」
とびっくりしましたが10秒くらい後には
「それ、私も欲しいーー!」
と思っていました。
だって、人命救助の技術を持っていて、世のため人のためになるし
その上、格好良いのですから。
消防署でも一般向けに講習をやっているはずだとの事。
有料かもしれないけどきいてみるといいよ、と教えてくれました。

私のイメージでは毎日のように社長と通る消防署の二階とか三階で
土曜か日曜の2時間くらい、300円ほど払って参加。と考えていました。
次にその消防署の前を通ったらタイムリーに
「キミも応急手当講習を受けてみないかっ!」みたいな内容のポスターが。
社長と一緒だとじっくり眺める事もできないので
帰宅してからインターネットでみてみました。

…なんかウチの近所ではやってません。
一番近くても電車に乗って全部で1時間くらいかかります。
料金も考えていたより高いです。
土、日にやってて行けそうな場所だと1年に一回くらいしか受けられません。
なんだか想像と違っていてがっかりしました。
ブランドにはそう簡単に手は届きません。

近所の消防署の前を通ると「ここでやるはずだったのに」と
その事が思い出されるのです。

とはいえ、講習は修了課程によって何段階かあり、
ほとんどのコースは一回で終るようなので
せっかく興味を持ったのだから初級コースを一回でも受けてみようかと思います。
料金も私が考えていた300円よりは高いのですが
実際に受けてみたら安すぎると思うほど充実した内容なのかもしません。
ただ、もっといろいろな場所で開催されていたら良いのにな、と思います。

東京消防庁 AED講習
http://www.tfd.metro.tokyo.jp/lfe/kyuu-adv/aed.htm






火の用心 [その他]

今日、社長お散歩中に消防車たちが
何台も何台もサイレンを鳴らして通りすぎてゆきました。
例の消防署に向かって行くので

「そうか、消防車はひと仕事終わっても、次にいつ
また出動しなければならないかわからないから
帰りでもサイレンを鳴らして帰るのだな。」

と納得したのですが皆、消防署を通り過ぎてゆきます。
消防署の前にくるといつも3台くらいある消防車が一台もなくて
スニーカーやらサンダルやらが脱ぎ放してあります。
消防車の向かった先を見るとモクモクと灰色の煙が勢いよくあがっています。
ここの消防車だけでは足りなくて、近隣の消防車も出動したのでした。

散歩コースはいつも社長が決めており、私はそのお供をしているような感じなので
今日も社長の意の赴くままに歩いていたら火事の場所に来ていました。
私は話のタネや噂話のためのただの興味本位で
他人様の不幸や惨事をわざわざ見に行くような卑劣な趣味はありません。
「ここまで来たから火事を見て行こうよ」などと言って
社長を誘導する事などは決してしていません。

火事は二階建ての普通の民家でまだまだ煙がモクモクとあがっていました。
たくさんのヤジウマたちと、警察が非常線をはっていたため
あまり近寄れませんでしたが全焼という感じでした。
救急車が来ていなかったので、けが人は出なかったと思われます。
近所の消防署にも救急車だけがポツンと取り残されていました。
不幸中の幸いです。でもこのおウチの方、近隣の方はお気の毒です。

すっかり春のような陽気のこのごろですが
まだまだ空気は乾燥しています。
火の元にはくれぐれも用心しなくてはならないなと思いました。
皆さんもお気をつけください。




後日


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。