So-net無料ブログ作成
点取り占いブログパーツ

ハウス [新社屋]

とってもご無沙汰してしまいました。

実はいま、不動産をもとめて、週末はちょっとした旅に出ています。
これがなかなか疲れる作業です。

引越し期限が決まっていない我が家は
理想と現実に折り合いを付ける事を
知らぬかのように貪欲に求め続ける。
そして、妙に給油してます。

この旅の終わりはいつ、くるのか。
旅の終着地には、果たして理想郷が待ち受けているのか。
天竺は、本当にあるのか?
「理想郷」、「天竺」、それは、ヒトの心の中に存在するのであって
現実には存在しないのではないか?

そんな事まで考えてはいませんが
なんとなく今、思いついてしまいました。

「住めば都」なのかもしれません。
しかし、住まぬウチに負要素を多数、見出してしまう
後ろ向きな我が家に、明るい未来はあるのか。

引越し好きな夫と婚姻して以来、引越しは何度もしてきましたが
ここまで時間がかかる場合は、結局、白紙に戻ってしまう場合が多いです。
縁がある時期に縁のある場所を発見すると
意外と負要素がある割にも、良縁を感じて即決します。
そんなわけなので、今の時期、ここまで時間がかかるという事は
「良縁がない」という事なのかもしれません。

今はただ、この状況にしても、新境地にたどりつくにしても
とりあえず、落ち着きたい
という願望にかられています。


ところで。
天候がハードだったりしない限り、
不動産探しやハウスメーカー巡りに社長を供だっています。
「ワンちゃんのご来訪は初めてです」と毎回、言われます。
あらかじめ決まっている訪問先には事前に、マルチーズを連れて行く旨を伝えています。
ご遠慮ください、という業者は、その時点でふるいから落ちます。

快諾してくださっても、実は一昔…いや、三昔くらいの
マルチーズブームの印象から、「吠え犬」の覚悟をして迎えてくださるようです。
多少、ハナにつく自慢ですが、
マルチーズとか犬とかなどの印象から構えてくださっての事だと思いますが
「おとなしいですね」、「すごいですね」など、言っていただいてます。

そんな社長の要望です。



厳しいです。
言っておきますが、社員の要望はそこまで厳しくないです。

売地情報、募集中です~!



nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:住宅

新社屋予定地決定 [新社屋]

つ、ついに新社屋場所が決定しました。

先週は非常に疲れる週でした。
今まで10件以上、紹介してくださった私たちの不動産屋さんの担当の方は
今回は人気物件という事で、すぐに申し込みをしてくださいました。
複数の希望者がいる場合、一般的には、よほど問題がない限り
最初に申し込んだ人に決定するそうです。
先週の金曜日の夜7時に結果を夫に電話で連絡する、と言われていました。
私たちより先に申し込んだ人たちがいるかもしれないし、
人気物件なので言い値(?)より高く出す、という人もいるかもしれない…
この日の帰りは私は何故かもの凄い早歩きで
大手町駅のホームの端から端まで2往復ほどしてしまいました。
わざとではなく、「ハっ!!」と気付くと丸の内端まで歩いていて
いけない、いけない、と引き返して「ハっ!!」と気付くと大手町端にいた。
そんな感じ…。

夜、7時30分になっても夫から連絡なし。
ダメだったのかな、と思っていた頃に電話がかかってきました。

翌日の朝まで結果発表が延びた、と。

この土地は、売り主さんにとって非常に思い入れのある土地で
この土地を本当に理解して、本当に必要な人に売りたい、とのこと…。
最終2組に絞られたとの事ですが、結果は翌朝に連絡します、と。。。
このような事は異例だそうです。

売り主さんも不動産屋さん。どういうポイントでハカリにかけられているのかわからないけれど
結局のところはお金の問題なのではないか、と夫と話し合いました。
私たちの場合、今のマンションの残債もあり、頭金もそんなに多くない。
金銭面では非常に不利な気がします。
また、売り主さんからの言葉を素直にそのまま受け止めると
新婚さんや転勤などで、どうしても決めなければならないなど?
私たちの場合はそのような理由もありません。これも、不利。。。

「ダメかもね。でもがっかりしないで。」と夫は慰めてくれました。
また、マンションの査定関連をお願いしていたエージェントさんも
「結果はどうでしたっ!?」とお電話くださいましたが、その旨をお話し、
「がっかりしないでくださいね。いいところが必ず見つかりますよ」
と言ってくださいました。

その後、3時間ほど魂のヌケガラのような状態で
何もしたくないけど、何かしないとずっとがっかりし放しなので
社長のブラッシングをしたり片付けをしたりしていました。
おフロに入るとなんとなく気分がすっきり。
諦めもついて、これからまた探せばいいのだ、明日はのんびりしよう。
と決めていました。

翌朝、夫に電話が。夫の言葉や表情から読めない。
多分、わざと読めないように演技していやがる。
でも、揃えるものや時間を確認してる。もしかして…と思ったら
「選ばれた」と!
出かけるつもりがなかったのでなにも用意していなかったのですが
大急ぎで支度して、売り主さんもいらっしゃるとの事なのでそれなりに
身なりも整えて、向かいました。渋滞しちゃったりしてまたソワソワ…。

売り主さんとお会いして、重要事項説明など受けている間もまだ
なんとなく品定めされているみたいで、口から災いタイプの私は
おとなしくしておりました。
中盤位から表情が大変やわらかくなり、私たちを選んだ理由をお話してくださいました。

申し込みが一番早かった事と、私たちの担当の方が
売り主さんのオフィスまで直接出向いてくださった事、
その他に決め手となったのは、なんともびっくり仰天な理由でした。

私たちが土地探しをするにあたって、いろ~んな不動産屋さんから
「そんなご要望は初めてききました」
「あの、あの、無理だと考えてくださった方が無難です」
「目を醒ましてくださいと言いたいところですが…」
「まず、そのようなものは出てこないと考えてください」
資料請求したハウスメーカーさんはこの要望をきくと
その後、連絡をしてこなくなるところばかり。
おおよその坪単価を訊いても「初めてなのですぐには出ません」と言われる、
その嫌われ者な魔法の言葉


ひらや。


平屋を建てたい。という、私たちの、希望。
建売住宅にできなかったのはこのせいでした。
「ブラック・ジャックの家に住みたい」という夫の夢と
「私の後をついてまわる足腰の弱いストーカー社長と暮らす」という私の希望。

「あの場所に平屋が建つのを楽しみにしています」
と売り主さんは夫と握手をかわしてくださいました。
無理だと考えてくださった方が無難と言いつつも
この土地を紹介してくださった不動産屋さんの担当の方は
「出来上がったら中まで見に行きます」
と言って喜んでくださいました。

売り主さんは、思い入れの理由も話してくださいました。
まったくの偶然ですが犬関連でも非常にご縁を感じる場所でした。

新社屋は私の実家近くなのでその日は実家に泊りました。
突然の事なのに母はご馳走をたくさん用意してお祝いしてくれました。
翌日は母を連れてゆき、喜んでもらいました。

やっと土地ゲトゥで、資金面でも上モノ面でもこれからが本番で
8ヶ月ほどは忙殺される日々を送ると思います。

「平屋」の魔法の言葉にドン引きせずに
資金面からなにからなにまでお世話になり放しの
富士ハウスさんには心から感謝しています。

長々と読んでくださって、ありがとうございました!










nice!(0)  コメント(10) 
共通テーマ:住宅

ディスポーザー [新社屋]

いつもいつも突然ですが
戸建てでディスポーザーを使っている方はいらっしゃいますか?
もしいらっしゃったら是非教えていただきたいのです。
お訊きしたいのは、


・排水処理システム型の場合
メンテナンスはどのくらいの頻度でどのくらいの費用か、
また、処理槽を土中に埋めるかと思いますがこのタンクの臭い、
換気(24時間?)の音、など…。

http://panasonic.jp/sumai/disposer/


・乾燥処理型の場合(シンク下で堆肥を作るタイプ)
メンテナンスはどのくらいの頻度でどのくらいの費用か、
臭いは本当にしないのか、虫がこないか。

http://www.watahan-eco.com/product/index.html


私が住んでいるのは大型マンションという事もありディスポーザーを使っています。
ディスポーザーを販売している各社、「一度使ったら手放せない!」みたいな
うたい文句で宣伝してますが、これは本当です。
手放せません。どうしても、です。
しかし一軒家でこれを設置するのは百万円以上とかしちゃうんだろうな~
と思いダメ元で調べてみたら、意外とそうでもない事がわかりました。
ただ、気になるのはメンテナンス費やランニングコスト。
マンションでは管理費で、いろいろな部分のメンテナンス、修繕など
知らない間に勝手にやってくれます。
排水処理槽メンテは結構マメにやっている様子。
「今回も、こんなに生ゴミ以外のものがっ!!プラスチックやビニールなどは
決して投入しないように~!」って写真付きで注意喚起の張り紙がでます。
あと、入居まもなくに、処理槽近くのお部屋の方が、
換気音と臭いに辟易して早々に住み替えをして出て行ってしまった
というウワサをききました。
何百世帯の生ゴミを処理する処理槽ですから一軒家のそれとは
比にならないとは思いますが、高いお金を払って設置して
ご近所迷惑になって、無用の長物になっても困ります。

実際に使っていない方でも
ウワサや情報をご存知だったら是非おしえてください!






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

週末のこと。。。 [新社屋]

この週末、土曜日は富士ハウスの工場見学&契約に行きました。
ここ二ヶ月ほど毎週末、社長を連れまわしていたせいか
社長がお疲れ気味の様子なので今回は内勤してもらったのですが
予定より3時間ほど遅く帰宅…。あんまり可哀相でした。
富士ハウスさんの工場や、構造・仕様は安心しましたが
もう二度と社長にこのような負担をかけたくないと思った一日でした。

ところで…セキスイハウスさんや富士ハウスさん、
ほかのメーカーでも結構「工場見学ツアー」を開催しています。
このツアー、新築の予定がなくても安上がりな行楽としてお勧めです。
集合場所までは自力で行きますが、バスで工場まで行って、
お昼ごはんやファイナンス相談、解散場所までの送迎など、無料でしてくれます。
帰りに手土産までもらえるかも…(成約したからかもしれないけど置時計もらいました)
もちろん、小さなお子さん連れOK。
お子さんだけで遊ぶプレイルームだけの場合もあるけど
お姉さん付きで遊ばせてくれるメーカーさんもあります。
交通費も食費も浮いて、妄想も高めてくれる!

私たちの場合は急いでいたことと、富士ハウスさん側が
私たちは犬連れであろう事を考慮しての事か、成約がほぼ決定だった事もあり
お昼ごはんなどのサービスは受けられませんでしたが(悲)、
そのかわり、ドアツードアの送迎付きでした。

基礎や耐震性など、家造りの奥深さを味わう事ができましたが
なんだかんだ言っても、楽しいのはキッチン、トイレなどの水周り仕様です!
と、ところが、私が期待していた、「是非、体感したかった」モノが揃っておらず。
質問すると、メーカーさん個別のショールームに行かないと見られない、とのこと。

いつもの事ですが、私たちはやりすぎてしまいます。
不動産屋さんも辟易するほど、不動産屋さんのことばをまず疑って
三日以上かけて近所の聞き込みやネット情報などから調査、
疑問や不安があれば区役所・市役所・各省庁に問い合わせ、
写真や動画を出来る限り録画して、第三者の専門家のご意見をきく、など。
これは我が家では賃貸住まいの時でも普通にする事ですが
不動産屋さん・メーカーさん、皆さんおどろかれます。
「石橋を叩いて渡るタイプですね」と言われますが
別に慎重にしているつもりはなく、どちらかというとギャンブラー気取りです。
ちなみに、区役所・市役所・各省庁は皆さんとても感じ良く、
いろいろと教えてくれますよ。(特に感じが良いのは意外にも農林水産省)

と、いうわけで日曜日はヤマハさん、イナックスさん、パナソニックさんの
ショウルームへ行く計画を立てました。
午後一で査定関連のエージェントさんの訪問を受け、20分くらいの予定が
1時間だった事もあり時間が押せ押せに…。
いちょげ、いちょげ!(社長語。「急げ、急げ!」の意。)



ヤマハさんで案内してくださったお姉さんのご実家にはフレブルがいるとのこと。
わんちゃんは癒されますよね~と仰るお姉さんに癒されてきました。
ヤマハさん訪問の目的はキッチン・洗面台・おフロ。
ペット洗い用オプションなんかがついている洗面台のシンクに
デカイ社長が入るかどうかを確認したかったのですが、結果は

DSC04249.JPG

充分いける!予算さえ合えばね…。見積もりはこれからです。
ちなみに、これ↓
http://www.yamaha-living.co.jp/product/dresser/affetto_select/pet.html

その他見積もりをお願いして急いでイナックスさんへ
…しかし渋滞のため営業時間に間に合わず、遅くまでやっていると
勝手に思い込んでいた汐留のパナソニックさんへ。
目的はいろいろあるけど第一はアラウーノ!便器です…
http://panasonic.jp/sumai/toilet/alauno/

んがっ!なんか、閉まってる。
営業時間は終了しましたなどと書いてある…。
なんのことはなく、自分たちが勝手に間違えていたのですが
この時点では空腹と疲れも手伝い、怒り心頭で
「これ、クレームだねっ!」「二度と来るかパナめ。」と悪態をつきつつ、
とにかく社長に車でごはんを食べさせて、軽く歩かせて帰ってゴハン食べよ!
とパナソニックのビルを一周歩いたのですが、レストラン街は
テラス席のあるところばかり。これはもしや社長がいても食事できるかも?
という事で目の前にあったグランディーバ・カフェでディナーしてしまいました。おいちかった!
ここのウェイトレスのお姉さんがまたとっても感じよく、
「パナはこのお姉さんに救われたね。」などと恨みがましく言いつつも、
また来る気に思いっきりなってました。
お姉さんのご実家にはマルチーズがいるとの事でした!
グランディーバ・カフェ↓
http://www.kabenoana.co.jp/grandiva/index.html



食べかけ御免。




ところで…勝手に間違えて勝手に悪態をついたパナソニックさん
すみませんでした。
次回は予約を入れて行きますので、ワン・プリーズ!(社長語。「ひとつ、よろしく」の意。)
ここ↓
http://panasonic.jp/sumai/sr/

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:ペット

融資の実行 [新社屋]

今日は融資実行の日でした。
たくさんの人たちにスケジュール調整していただいたので
いつもは1時間位で着く道のりを、絶対遅れないように二時間前に家を出て
早めに現地に着き、近くで朝食を摂るくらいのつもりでいたのですが…
平日の首都高ってバカみたいに混んでいて、
また首都高おりた後も16号から1号に抜ける道がアホみたいに混んでいて
5分ほど遅刻してしまいました。

新社屋予定地に売り主さんや仲介の不動産屋さん、私たち
一同が集まり、皆で境界を確認。
でっかいカマキリがお出迎えしてくれました…
というか、ここに来るたびに必ずカマキリさんと会います。
かなり虫の多い場所で、ショウジョウバエ一匹飛んでいるだけでも
オドオドしてしまう社長はこの地でたくましく社長できるのやら。。。
世の中にはスズメバチと戦えるお犬様もいるというのに
カマキリやバッタに苛められる社長の姿が目に浮かぶようです…。

その後にお金を貸してくれる銀行にまたまたご一同+司法書士の方
富士ハウスの担当者さんにも立ち会っていただき、
お金を借りて、売り主さんにお支払いして、銀行とローン組んで…
って手続きを一気にしました。
この手続きで初めて予定地が正式に夫の持ち物になりました。

私たちが銀行で手続きをしている間、現地に待機してくださっていた
富士ハウスの建築士の方々が、時間を見計らって、初めて土地に目印をうちました。
この作業は売り主さんの持ち物である間はしてはいけないそうです。
いろいろと細かな決まりごとが、世の中にはあるものなんだな~
って今更ながら思いました。

なが~いなが~い銀行での手続きの後、またまた現地へ。
ここで建築士の方々と大まかな打ち合わせの後、
デニーズでご馳走になりながら建築士さんたちと打ち合わせをしました。
結局そこまでなにも食べてなかった私たちは
かなりがっつりご馳走になり、帰宅しました。
帰りも渋滞で、お疲れの夫が運転はしてくれたものの
途中で眠くなったら運転をかわってほしい、と言われていたのに
私はヘンな音を立てるほど熟睡してしまい、ずっと夫が運転してくれました。

不動産屋さんは社長に会うのを楽しみにしてくださっていたのですが
社長には今日はお留守番してもらいました。
今日は本当に疲れたので社長は連れてゆかなくて本当に良かったな
と思いました。
「今日は本当に疲れたね~」と言ったら、夫から
「アナタは何もしてないじゃん」と言われました…。




nice!(0)  コメント(8) 
共通テーマ:ペット

家と社長とおふだ [新社屋]

しつこいようですが
ヒトが、心の弱さから、宗教や占いにすがり
ハマって行く様をまざまざと体感中のナナミです。

契約していたハウスメーカーが倒産しました。

今後の対応について、破産宣告の一週間後に破産管財人から
連絡が来るとの事でしたが、倒産会社のHPにて随時報告が更新されています。
我が家の損失額は私の年収です。
被害者の中ではもっとも軽度のようですが、高すぎるお勉強代となりました。
過去の事例からの推測では数年後に1%~6%が返金される…かも?
損失の大きい方は数千万円、家も金も消えてしまった方もいます。
当初の予定では、我が家も数千万円の損失がでるはずでした。
しかしいろいろな要因がかさなり、着工が遅れていたために私の年収でとどまりました。
自己破産を決意された方もおられるので、この事についてクドグト書くのは今は控えます。
この事以外はクドクド書くんですけど。

今回の事で、私は、お互いの身分を明かさずに、情報交換できる
匿名掲示板の有意義な在り方を初めて知りました。

営業からまさかの倒産の知らせ。家は白紙に、工事は中止に。
連絡をくれた営業の人も解雇。一週間後の管財人からの連絡待ち。。。
契約者同士、今まで連絡をとっていたわけではないし、
我が家の場合は夫婦でわらわらしたり、母に慰めてもらったりしましたが
妻子には「大丈夫、大丈夫!」と言いながら
不安と孤独に押しつぶされそうになってしまったお父さんもいたようです。
そんな時に、自分一人ではないという事が実感できるだけでも救われます。
もちろんガセや中傷もありますが。

私が前から見ていた注文住宅スレッドは、有名なハウスメーカーではないので
細々と続いていたものですが、「情報ください」から「被害者掲示板」と名前を変えました。
被害の大きい方から順番に裁判所からの手紙が送られていたらしく、
我が家に届く前に内容を知る事ができました。
弁護士に相談した人、なかなか繋がらない管財人と電話した人などが情報をのせたり
折れそうになっている人を励ましたり、法律関係に詳しそうな人や経験者が
アドバイスくれたり…。
そうそう、弁護士に言われた内容は皆さんだいたい同じなのに、一人だけ違う事を言われた人も。
弱っている人につけこむ悪徳弁護士もいるかもしれないので、
皆と違うという事がわかるだけでも、二次被害を防ぐきっかけになったかもしれません。

2chやmixiは伸びが早すぎて既に追う事ができず。
参加人数がもっとも少ないと思われる注文住宅スレにも追いつかないけど見てます。
契約者から、クビ洗って待っとけ的な発言を受けて家族共々ホテルに避難している
営業さんもいるとか。。。この人も解雇なのに。


そんなわけで、管財人からの連絡を待たず、先週末から
新たなハウスメーカー巡りとなりました。
多分今後一ヶ月くらいは数社に見積もり取り+打ち合わせ、
ハウスメーカー決定した後も打ち合わせの嵐となるでしょう。

ところで、神頼みにハマっているきっかけはこの事ではなく
我がACHI会社の社長です。
年末からの不調は少しずつひどくなり、一時は動く事もままならないほどに
なっていました。
病院に連れて行こうにもキャリーに入れる事すらもできないほど…
なんとか連れて行き、各種検査を受けても異常は見つからず、
このまま死んでゆく社長をただオロオロと見守る事しかできないのか、
仕事から帰宅したら冷たくなっているかもしれない、と覚悟しながら生活してました。
神経がおかしくて動けないのか、痛みがあって動けないのかを
見極めるための痛み止めを飲ませてみたら少しは動くようになったので
神経には問題ないという事がわかった程度で、依然グッタリ状態の社長でした。

今は亡きハウスメーカーから、地質調査の連絡を受け、立ち会った日に
実家に寄り、親戚のお寺に社長を祈祷してもらったお札をもらって帰りました。
翌日の昼に母に言われた通りにそのお札を家の東側に西向きに、
昭和の遺物と言われている我が家の厚型小画面テレビの横に立てました。

…その後、序所に社長の元気は回復し、数日でものすご~い元気に!
今までの元気を通り越して仔犬時代の元気に、それも通り越して今までの犬生で
一番元気というくらい…じっとしてません。家事できない…
震える寒さの中、若上人に水かぶってもらってるだけあります。
ご利益ありすぎだから。。。いや、有難いことです!
願者は私の名前だけど、祈祷料はママンが出してくれている
という矛盾にはさすがの日蓮上人も気付いておられないご様子…。ふふふ。

と、いうわけで、なんで不調だったのか、なんで元気になったのか
まったくなんにもわかりませんがとにかく社長は元気に忙しそうにしてます。
ウンチの出方は依然あまりよくなくて再発の可能性は否ませんが…。

お寺にウチの祈祷も追加してもらおうかな~。
社長の例から考えると、損失分を通り越してウハウハの大金持ちに…ならないな、多分。





一昨日、一年半お世話になった他社様でいただいたお花。
働いたお金の大半は消えてしまいましたが(泣)、楽しい方たちとの出会いがあって
刺激もたくさん受けて、初めての分野のお仕事も経験できて、貴重な体験でした。
ありがとうございました!

nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:住宅

見積もりな週のこと [新社屋]

例の倒産会社で工事中止してしまった方々の内、一部は工事再開されたそうです。
倒産一週間後に進捗状況の連絡があると言われていましたが
コールセンターに問い合わせしたせいでしょうか、
我が家にはとんと音沙汰がありません。
ここでは一ヶ月後に進捗状況の連絡というお話でした。
コールセンターの人も解雇が決まっている元社員で
管財人の下で処理をしているだけの人。
きっと内部で状況がコロコロと変わるのでしょう。混乱している様子です。

TBSの「噂の!東京マガジン」という番組(あんまりよく知らないのですが)
が被害の大きい方々に取材をしているそうです。
番組タイトルに「噂」ってついてるだけに、報道と呼べるものかどうか
は不明ですがこの回はチェックするつもりです。

そうした中で先日の土曜日は見積もり四社行きました。
今まで全部で七社、お願いしています。
融資の期限などを考えるとこれ以上見積もりをとって検討する時間は
ないと思われ、よほど問題がない限り、この中で決めるかと…。

第一条件は「倒産しない会社」であること。
万が一、倒産したとしても、「キレイに倒産するであろう会社」であること。
今から思えば、倒産会社の営業さんは、過去に不正会計で
処分を受けた云々というようなお話をしていました。
外からウワサで聞くよりも、正直に話してくれる点が、逆に信頼できるな~
くらいに思っていましたが、これは倒産した時に民事再生法が適用できない
という事に繋がるって事を勉強させてもらいました。

そんな事から、大手HM中心になってしまいます。
とても手が届かないから、と最初からあきらめていたメーカーばかり回りました。
この日、社長は夜9時すぎまで夜ゴハンがおあずけになってしまいました。

翌日は社長へのお詫びの意味をこめて、久しぶりにドッグランのある公園へ。
社長は、カワイコちゃんにしつこくしすぎて逆にガウガウ怒られがち。
久しぶりで、休日なので、だいたい性格と相性がわかっている
顔見知りの犬友も少なく、私は妙に神経質に社長の動きを制限してしまいました。
せっかく来たのにあまり楽しめなかったかな?お詫びになってなかったかな…
今度は平日の昼間に行ってみようね!









nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

事の発端… [新社屋]

この度の、ハウスメーカー超突然破産宣告の一件について
静岡では弁護士さん50人規模の弁護団が結成され、
他県の被害者も対応してくださるとのこと。

自民党の片山さつき議員も、セーフティネット議連で提議してくださるようです。
片山さつき議員ご本人のブログ
http://skatayama.hamazo.tv/e1657040.html

今まで某コミュにていろいろな方が各政党に事態をうったえた旨を拝見していましたが
おエラい自民党の、しかもネームバリューもある片山議員が
問題視して採り上げてくださること、心強い限りです。

議員のブログに、多大な損害を蒙った方々がコメントしているのを拝見し
あらためてこの方々の蒙った不幸に涙が出る思いでした。

耐震偽装問題で活躍したメンバーに…
というくだりに、この耐震偽装事件がオンタイムで報道されていた時の事を思い出しました。
当時は今のマンションを買って間もない時でした。
多くの人には他人事なのだろうけど「もし、自分だったら…」と
あたかも親身に考えているつもりでいた自分を、今あらためて思い返しています。

例のマンションの、異様に安い売り出し価格をニュースでみて
「安いには安いなりの理由があるもんだ」って思いました。
今回の問題もまさにそれ!

国土交通省が設定した超長期住宅先導的モデル事業。
この認定に見合った住宅は国土交通省から補助金が最高で200万円支給され、
しかも減税の対象にもなる。
支給される戸数は年間数棟と、数に限りがあるけど、
わが社のキャンペーン期間中にご契約いただいたら、
この枠から漏れてしまっても200万円の値引きをします、と謳っていました。
夫は怪しい、と言っていました。ウラがありそうだ、と…。

私は営業の方に
国土交通省のHPを見てもオタクが認定を受けている記載がまったくないので
信用できないと言うと、証拠の文書を郵送します、というお話でしたが
その後、音信不通となりキャンペーン期間も終了しました。
今思うと、この営業の方がいい加減な人で良かった。

丁度その頃、大手S林さんの営業の方が連絡くださり、超長期住宅について質問すると、
その基準で建てる場合、通常より価格が500万円~600万円ほどUPしてしまい、
たとえ200万円の補助金が出たとしても、高くつきます、とのお話だったので
ウラがあった…と、一時はこのメーカーは候補から消えたのです。

この会社をすっかり忘れた頃に別の営業の方から連絡がありました。
このメーカーで建てた建物はすべて超長期住宅の基準なので
特に高額にはならず、キャンペーン期間は終了したけど、
200万円程度の値引きは応じます、と言っていました。
そしてこのメーカーの住宅がいかにしっかりした造りであるか、木造建築の良さ、
社内で法隆寺の研修ツアーを主催した事など熱く語っていました。
それですっかりやられてしまったのです。
今から思うと、なぜ音信普通になってしまったのか、なぜ今頃、熱いのか、
とりあえず証拠の文書を見せて欲しい、と言ってもなんとなくお茶を濁すように
ごまかされていたような気がします。
この方自身は悪い人だと今でも思っていません。
上から圧力をかけられて、会社に尽くして必死に働く真面目な人なんだと思います。

中には、未着工なのに、今全額支払えば、円高差益の割引を受けられる
と説明されて、倒産直前に支払った契約者もいるそうです。
ウチはこれ言われませんでしたが、材木はすべて輸入ものだときいていたので
円高差益で安くならないか、自ら聞いてみようと思ってました!
安さがすべてで契約したわけではないのですが
安いには安いなりの理由があったのです。
倒産前にできるだけ現金を回収したかったのでしょうね。

耐震偽装事件の被害者の方々は今、どこで生活しているのでしょう。
住むことのできないマンションのローンを払い続けているのでしょうか。
この被害者の前で、このマンションをつくった、元一級建築士の〇歯氏が
500万円の保釈金をよくぞ用意できたものだと思いました。
今回の倒産劇は刑事事件にまで発展できるのでしょうか。
そして役員たちは私たちの目の前でン百万円もの保釈金を用意するのでしょうか。

我が家の被害額は少ないとはいえ、
人生で一度も起きないような、経験をさせてもらってます。はぁ。




そうそう、例のTBSの「噂の東京マガジン」は
2月22日(日)13:00の回で放映する予定ということです。


新聞記事だそうです。


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:住宅

雪ズラ [新社屋]

大雪です。
明日も一日中打ち合わせの予定なんですが…。

先日の土曜日は社長は朝から夜11時過ぎまでお留守番となってしまい
帰宅した時は空腹のせいと思われる吐いた跡がありました。
ごはんを食べたら元気一杯になりましたが…。ごめんね、社長。
もうあんなに夜遅くにはならないようにスケジュールしなければ。

倒産会社への債権を残したまま契約解除がアクセプトされ、
晴れて他メーカーとの契約ができるようになりました。
倒産を言い渡されてから10社ほど見積もりを取って
現在は二社に絞られています。
明日の土曜日が決め手となるはずです。というか、もう決めたい!はぁ~。

ところで、倒産会社にはスポンサーが付きました。
我が家は当初のコンセプト通り、他社へ流れていますが
このスポンサー会社社長のダークなホコりに私としてはガクブル…
TBSの「噂の東京マガジン」も引き続き取材をしているそうだし、
NHKも取材をしているとのこと。
片山氏はセーフティネットにて倒産会社社長の責任追及も
提議してくださっていると…
今回の事は少なからず、社会的にも注目されている様子なので
是が非でも汚名挽回をされていただきたいと願っています。
間違っても二次被害など無きよう。

我が家は倒産会社と債権を残したまま契約解除したので
1年後くらいに1万円~6万円の返還があるかと思います。
1万円て…月一の、社長の前立腺と憩室の検査の費用にも満たねーし!
…銭ズラ…銭ズラ! ←?

TBSの「噂の東京マガジン」3月1日(日)13:00~
で続報を放送してくださるそうです。
倒産会社社長の着服か、銀行責任についてかの、
どちらかに言及するのだろうと思います。



↑ ブラッシング中の社長。いつもこんな感じでそのうち寝てしまいます。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

メーカー決定~!【早くも脱力】 [新社屋]

週末ごとの、HMボヘミアン生活。
こんな生活に14日の土曜日、終止符を打って参りました。



きこりん、キミに決めた~!

DSC04554.JPG
「き、きこきこ!」 ← ウソ

…って事で、〇友林業さんにお願いする事になりました。

このメーカーさんは、絶対、高すぎる、身分不相応だと考えて
当初は見積もりすら取ろうとしていなかったメーカーさんです。
本当に申し訳ないのですが、今回の倒産劇で良縁をもらった気がしています。

山田太一さんのドラマみたいですが
一流のメーカーさん、その営業さんて、ヒトに恥ずかしい思いをさせないんですね。
もちろん、他社の悪口も言わないです。
(比較するのも申し訳ないのですが倒産会社は入金を急かしたり、
見下した態度をとっていたものでした。まぁ、人間は恨んではいませんが。)
今回は動揺のあまり、無謀にも、鉄骨系メーカーさんにまで見積もりをお願いしましたが
みなさん、感じよく対応してくださって、誠意を感じました。
とある大手一社を除いてはね。。。

あんまりびっくりして特筆したいのは大手二大Sの水さんで…
言葉遣いこそ丁寧でしたが
「おマエらのような貧乏人の来る所ではな~いっ! ひかえ~い、ひかえ~いっ!」
って言ってました。ちょと、キョトソ…。
スヌーズ機能付き目覚まし時計みたいに「ウチは日本一高い」
と繰り返し仰り、どうしても見積もりしたくないとの事なので、
丁重にお断りしたのですが、その後も無礼極まりない扱いを受けたので、
大阪の本社に電話して、こちらとは終らせてもらいました。
後に、このメーカーさんのこうした対応は有名だと知りました。
全国であんな事してるとは!
まぁ、恐れ入谷の鬼子母神、これも思い出の一つなので書いちゃいました。

と、いうわけでこれから、住〇林業さんと綿密な打ち合わせに入ります。
間取りや外構は我が社長にとってのバリアフリーになっていますが
ここまで来るのに時間がありすぎたせいか、私の中で
社員共の将来に備えても、ここはひとつユニバーサルデザインを
徹底すべきではないか…という思いが膨らんでしまい。。。
巨大犬小屋というより、なんだか病人の館みたいなおウチになりそうな雰囲気です。

お世話になった、銀平ちゃん、小林旭、エリートさん、本当にありがとうございました。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。