So-net無料ブログ作成
点取り占いブログパーツ

マシンガンといえばシカゴですが [NY]

来週、ニューヨークへ行きます。
社長と夫、母のダンナさまにはお留守番をしてもらって
母と私と、母は車椅子に乗ってもらって二人で行きます。

きらびやかな摩天楼!
華やかな夢の世界ブロードウェイ!
なにげにジョギングする有名人とすれ違うセントラルパーク!
高級ブランドストリートな5thアベニュー!
若いパワー溢れるおもちゃ箱みたいなソーホー!
…などなどがあるマンハッタンから新幹線みたいな電車に乗ること約2時間。
マンハッタンを東京の丸の内とか渋谷とか六本木とかと仮定すると
だいたい名古屋とか仙台に相当するようなニューヨーク州に行きます。
感覚的に、名古屋とか仙台とか書いていますが
名古屋でも仙台でも福島でも静岡だろうがなんだろうが
駅周辺は大都会さながら混雑して栄えています。

マンハッタンから新幹線みたいな電車に乗ると
最初は東京駅よりももっともっとたくさんある路線を眺めます。
次第に、マンハッタンへ通勤する人たちのための中層アパートが乱立する
いわゆる地方都市みたいな景色に変わり
案外すぐに高い建物がなくなりベタっとした住宅地な景色。
だんだん緑が多くなり、たまに地方都市、また緑。
…もはや森しかないんだけど。と少々不安に感じる頃、たたずむ単線の駅。
そこに私の姉と姪が暮らしています。

今回は、姪の卒業式に出席する事が第一目的です。
ですが私は仕事の都合で、卒業式まではいられません。
名目的には母と、日本のモノを姉と姪に持ってゆく「運び屋」。
卒業式に出席できないのは残念ですが、大好きな姪に会えるし
いろいろと思い出深いNYに行くのは楽しみです。

気がかりな事がいくつかあります。
社長のお世話は夫が24時間体勢でしてくれるのでそれほど心配はありません。
椎間板ヘルニアを患っている母の腰が悪化しないように
空港では航空会社から車椅子をお借りして、空港以外は携帯車椅子をレンタルして
私なりに万全に準備をしたつもりです。
気がかり事の一つは私の大変厄介な体質---
強力な「雨女」という体質です。

2年前に2週間ほどNYに行った時は
2日間だけ、勘弁してくれーってくらいの快晴で、それ以外は全部雨。
NYからLAに引越した時、LAに着いてから一週間、雨。
LAに住んでいる友達から、雨は半年振りだとか、
LAで一週間雨が降り続ける事なんてない、記録的だとか言われたのですが
引越してきたばかりの私をからかっているだけだろうと思って信じていませんでした。
その後、数年LAで生活するうち、それは大げさな表現ではない事がわかりました。

雨の中、車椅子で移動するのは大変だと思うので
今回ばかりは勘弁してもらいたいところですが
私がいなくなってから卒業式や母を連れての国内旅行などの予定があるので
その間は良いお天気に恵まれる事を考えると丁度良いのかもしれません。

それにしても現在でNYは最高気温30℃超、早くも熱帯夜なのだそう。
これはマンハッタンの予報なので姉のところはこれより低いとは思うのですが。
気がかりな事はこれ以外にもいろいろとあります。
その一つに、ラスト・フレンズの最終回、思いっきりNYにいること!
見ようと思えば見られるのですが、我慢して戻ってから見ようと思います。
我慢できたら、ですが…。

クレーム内容


nice!(0)  コメント(4) 

NYな日 [NY]

NY初日は夜遅くにマイシスターの家に着きました。



今日は近所のスーパーやらアンティークなお店やらショッピングなストリートに行きました。
皆で食事をしたり、雑貨をみたり。
小さかった姪がしっかりおばあちゃんの車椅子を押したり荷物番をしてくれたり
車の運転をしてくれたり!頼もしい娘に成長してました。
ありがとう、マイシスター。
近所のショッピングなストリートのお高いブティックに
看板犬の1歳位半のボステリの男の子がいました。



この方が遊びたいさかりで襲われました(笑)。

マイシスター家のインコのちーちゃんです。




nice!(0)  コメント(2) 

NY三日目 [NY]

三日目は一人でマンハッタンへ行きました。
LIRRという電車に乗って。

あくまで私の好みですがマンハッタンは歩いて楽しいので
歩きで移動したかったのですが今回はあまり時間がないので
ペンステから地下鉄に乗りました。

ちなみに某国営鉄道が民営化された時の強制的な通称「E電」とは関係ありません。多分。


というのも私が大好きな「Crate & Barrel」に行きたかったからなのですが…
なぜかこのお店は5thの57stくらいにあると思い込んでる私。
歩いているとなんとなく立ち寄るのですがここに照準を合わせると辿り着けません。
この日も二回、道行く人にききながら「そっかー、そういえば…」と思いつつ辿りつきました。

そこからLex Ave.に向かう途中、わざとではないのですが

せっかくなので写真を撮ってみたりしました。


マンハッタンを歩いているとあちこちでこのようにビルの工事やら
メンテナンスやらしています。そしてこのような場所では上から水が降ってくる事がしばしば。
今回も二滴ほどあびました。

↓52stと3aveのあたりで出会ったウェイニーちゃん。


まさにその角にいる屋台オヤジ。

ここでチキン&ライスを買ってシティコープのパブリックスペースで
食するのが私のぜいたくコースでした。チキン&ライス↓

飲み物込みで10年前は$4.50、2年前は確か、$5.50、今回は$7.00!
しかも野菜がとっても少なくなっています。以前は半分は野菜だったのに。

いきなりところかわってダウンタウンの「trixie&peanut」。
前にNYに住んでいた方から、おススメ犬グッズ屋さんとして教えていただきました。
セレブ後用達って事で有名人らが多く訪れるそうです。
アメリカでは珍しいキュート系犬グッズがあります。

ここの店員さんの感じがなんとなく悪くてね。
私はセレブでもないし、超日本語ナマリの英語だからでしょうか。
イヤ、そもそも金持ちのオーラが出てないからでしょうね。カネ、ねーし!
それでも、あんまりカワイイものたちが売られているのでついつい行ってしまいます。
http://www.trixieandpeanut.com/category-38667-Fuzzy-+-Soft-Toys
ここは通販で日本にも発送してくれます。海外発送チャージなどかかりますが…。
この部分↓
http://www.trixieandpeanut.com/help.html#international

マンハッタンネタはつきないのですがちょっと疲れてきてしまったので
強引に終了します。

次回はマンハッタン翌日のEast Hamptonを延々書こうと思ってます。
おやすみなさい。

裏サイト


nice!(0)  コメント(2) 

East Hampton [NY]

NY4日目は近所や家でのんびりしてロブスターを食べる予定が
行楽日和という事で半ば強引にもっともっと郊外へ行くことになりました。
East Hamptonという高級住宅地で、セレブが住んでいたり
裕福な人の別荘があったりするそうで、ここのメインストリートは
高級ブランド店が立ち並んでいるとの事。
姉家から車で1時間40分ほどという話でしたが途中から渋滞に。
なんとなく撮ってみました。



行く途中のシーフードレストランでロブスターを食べようという計画だったのですが
あまりにもトロトロ運転となり、皆、お腹が空いてきたので
急遽Dinerへ。日本ではデニーズ的な存在で、どこにでもあるファミレスですが
私は案外、キライではありません。






ポリスもお食事中。そんで姉が声かけてくれて一緒に写真とってもらいました。
手前のおじさんは東京に知り合いがいるそうです。

このDinerから30分~40分ほど車を走らせて、East Hamptonに着きました。





多くのお店が元町のように店の入り口付近に犬用のお水をおいてました。
ワンさまたくさん見ました。が、何故か犬グッズ屋さんは見ませんでした。








高級ブランド店もあったしブランドかなんだかわからないけど
とにかく高いお店ばっかり!
お城設計事務所みたいなところもありました。
結局なにも買わなかったけどワンさまたちを見てるだけでもとっても楽しかったです。

帰り道、ワイナリーに寄りました。




結局ロブスターにはありつけず帰りました。
私が帰ってから皆で食べてるみたいですけど!
イジイジ。

最後に、ライブの社長の様子を見るちーちゃんです。

nice!(0)  コメント(2) 

エコバッグ [NY]

マイマザーより一足先に戻ってきました。

いきなりですが私はエコバッグを好きです。
レジ袋を貰わない事が地球に優しいかどうかはよくわかりませんが
とにかくエコバッグは私にとっては便利なのです。
しかし便利でないエコバッグもあります。
日本で目にするエコバッグは私にとってはあまり便利ではないモノが多いです。
これはその人それぞれの生活スタイルによって
何が便利かそうでないかが違うので、あくまで私の個人的な意見です。

私の場合、大型マンションに住んでいるので
駐車場から自宅までが異様に遠いです。
荷物運搬用のカートを個人的に持っているお宅も多いのですが
途中で階段も多いし、我が家の場合は社長を抱っこしながら…という状況が多いので
カートよりも大型エコバッグが大変便利です。
社長を抱っこしながら5箱入りティッシュと12ロール入りトレペと4L入り焼酎などを
同時に持ち帰る事ができてしまいます。
というわけで、私にとってエコバッグはでっかなアメリカ仕様がグーなわけで
今回もいくつかゲトしてきました。

ホールフーズというオーガニック系スーパーマーケットのエコバッグ。大きい。


姉の大好きなトレーダージョーズというナチュラル系スーパーマーケットのバッグ。
あまり大きくない。


犬。小さめ。


3年前にお土産でもらったホールフーズの前のバージョン。
大きさは上のものと同じ。しかし当時はUnion squireでしか売ってなかったそう。
かなり愛用中。


1,2年前に品川で買ったディーン&デルーカのエコバッグ。特大。
ロゴは刺繍で、他のものと比べ物にならないくらい分厚いトート地。マチたっぷり。
内ポケットが一つついていてこれがけっこう便利。それだけに値段は高い。


エコバッグ…?かどうかはわからないけど
とにかくディーン&デルーカ好きなのでとりあえず持っている。
下の白はA4サイズの雑誌が丁度良く入る。上の黒はお弁当とかちょっとした近所のお使い?
黒はオサレだけどすぐにほこりや社長の毛がついていたりしてイマイチ。


区で作ったぽいエコバッグ。駅前の東急で無料配布していたのでもらった。
マチはせまいが丈夫なトート地で外側にポケット、肩掛けできる持ち手や
軽く口を止められる止め具など、ロゴだかイラスト以外は案外、私好み仕様。


エージェントからもらったエコバッグ。いわゆるよくあるやつ。
会社帰りに少量の買い物するにはいいけど
ナイロン製は肩からずり落ちるのがあまり好きではない。畳むのも面倒。



姪から貰った手編みのネックウォーマー。
寒くなったら使わせてもらいます。


私が何をしているのか気になって気になって仕方のなかったひと。


ところでNYは都市も郊外もエコバッグ流行りでした。
バージンメガストアまで数種類売ってました。
しかし紙と布の中間みたいなヤワそうな素材だったり
小さかったりマチがほとんどなかったり、サイズが大きいのに
肩掛けできなかったり、実用に向かないものもたくさんありました。
どんなにおしゃれでも限定品でも、
私の実用に向かなかったりスタイルにそぐわないものは買いません。
先にも書きましたがレジ袋を貰わない事が地球に優しいのかどうか
いま一つわかりませんし、エコバッグを店で買う事によって
店は儲かり、それを実用する事によってサービスで出していた
レジ袋を店は出さなくてよくなるので、ただ単にお店に優しいだけではないか
とすら考えてしまいます。
ついついコレクター魂に火がついてしまいそうなエコバッグ集めですが
私なりに見極めて入手しているつもりです。
多分…。

nice!(0)  コメント(2) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。