So-net無料ブログ作成
検索選択
点取り占いブログパーツ

そういえば新年ですが [テレビ]

ヒトが、心の弱さから、宗教や占いにすがり
ハマって行く様をまざまざと体感中のナナミです。
ウソです、そんなにハマってません。

先日、社長は全部の抜糸が終りました。
これから少しずつお散歩をしてゆく予定です。
うんちの出方はいまだにあまり良くありません。

先日、録りためていたクローズアップ現代をみました。
その日のトピックは小児ガン。特に、小児脳腫瘍についてでした。
内容詳細はこちら↓のNO.2668
http://www.nhk.or.jp/gendai/

社長は私の宝物ですが、子供は家族にとってのみならず
将来、税を納める国の宝物。
そんな命すらも軽んじられる世にあって、
犬の会陰ヘルニアなんかが研究されるわけもなし…
「研究・開発費として」なんていう名目で
1兆円とか寄付でもできれば話は別ですが
もし仮にそんなお金持ちであったとしても非常識と批難されるでしょうねぇ。

それはさておき…お医者さんには悪いけど
自身が過労死の危機にあって、映画とかドラマでよくみるように
患者の一人一人を家族や心ある生き物として、
じっくり向き合うのは難しいような気がします。
中にはそんなお医者さんや看護士さんがいるかもしれません。
でも少数派でしょうね。

それでもやっぱり、しっかり診断して治療してもらわないといけません。
医療の職場環境や情報のネットワークを充実してもらう事は一番ですが
お医者さんのモチベーションを高めるためにはどうしたら良いのかな?
と、独自に考えてみました。

小児ガンを患ったその小さな子供が将来年収500万円で
40年間働けたとして、所得税収は約3千万円?
知的障害を患う事なく、高額納税者に成長した場合、2億円くらい??
その子供を救った事によってそれだけの税金を徴収でき、
その子供を失う事によって、それだけ国に損失をもたらす。
と、考えてみる。

…やっぱり、自分に直接利益を感ぜられなければダメですかね?

無駄な妄想だったかもしれません。

紅白歌合戦の、ジェロさんは感動しましたね~。
実家かお姉さんちと中継するかな、と思ってましたが
お母様が来日して、会場にいらっしゃっていたとはびっくり!
この円高のさなかに…。
おばあちゃんは、ジェロさんが来日する時
「演歌歌手にならなくてもいいんだよ」とジェロさんに言ったそうです。
自分のせいで孫の平穏無事な一生を壊してしまうかもしれない
と思ったのかもしれないです。
黒人演歌歌手としてのデビューは強烈でしたが、肝心なのはこれからです。
息の長い歌手として、これからも精進して演歌といえば…ジェロ外せないよね!
というくらい定着して頑張ってもらいたいです。

CardACH2009.jpg


nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。