So-net無料ブログ作成
点取り占いブログパーツ

忙しい理由 [テレビ]

社長のお散歩は気温やお天気によって、したりしなかったりですが
そんな生活に社長も慣れてくてくれて
ストレスフルな様子もなく、元気にしてくれています。

ところが最近、北京オリンピックとか高校野球とか
楽しみに見ている連ドラが佳境に入ってきたり
ちょっと問い合わせをした不動産関連の会社から
執拗な電話攻撃を受けたりして
なんとなく気分が落ち着かず、ずいぶんサボってしまいました。

北京オリンピックは始まったばかりにしてすでに
もう数々の事件が起きています。
谷亮子さんが銅メダルだったり、そしてその姿に侍を見た気がしたり
野口みずきさんがまさかの不調に襲われて入院しちゃったりとか…
そうした中で、内柴さんが金メダル。おめでとうございます。

しかし今日、一番おもしろかったのは競泳男子400メートル?の表彰式。
実はこの時間、高校野球をメインに見ていて、
イニングの合間かなんかにチャンネルをオリンピックにして、たまたま見ていたこの競技。
日本人選手は出てないねぇ~なんて言いながら表彰式まで見ていて
金メダルのフェルプス選手のアメリカ国歌が途中でブッタ切れた!
「…?」
集中しないでなんとなく見ていたテレビ画面を凝視したら
フェルプス選手も顔幅よりもありそうな鍛え上げられたふっといお首を
なが~くして、「??」って顔。
しかし次の瞬間、間を埋めるように場内、拍手喝采で、国歌は以上…という事になった様子。
我が家は大爆笑だったけどオリンピックはなんとなく淡々と進行していました。
フェルプス選手は苦笑しつつも爆笑ムード。
「おかげでこの笑顔」って夫のセリフにまた爆笑したりして。

これが日本国歌だったら「中国だったらやりそうな事だよ」
って逆に疑ったりしてイヤな気分になってたかもしれませんが
アメリカってところがなんだかついうっかりNGしちゃった感を窺わせます。
ちなみに…大画面テレビだの、メタメタに壊れたビデオの買い換えなどに
一時は盛り上がった我が家のAV関連はなんだかんだとそのままなので
厚型テレビの少画面でアナログ放送を視聴しているため、ライブ放送の
タイムラグはほとんどありません。
アメリカNBC放送の要請で、期待のこの競技は
アメリカでもライブで見られる時間に設定したとの事なので
多くのアメリカ国民もライブ見ているはずです。
もちろん、アメリカはアナログ放送が主流でしょうから
ライブでこの「???」を共有した方は多かったでしょう。

しかしね、前日に北京で、オリンピック関係者の親族が殺害されているのですから
ここはものすごくNG出してはいけなかったのではないですか、中国。
「え~と、次の表彰式はどこの国になりそう?」なんておしゃべりしながら
うっかり肘でスイッチ押しちゃったりしたらダメですよ、中国。
(いつもの妄想で、真偽は不明です)

そんな中、ロシアは戦争を始めたりしています。
そして明日は慶応の二回戦目で、北嶋康介選手の競技です。


nice!(0)  コメント(10) 

公園にて [その他]

ここ一週間くらい、朝晩の気温がだいぶやわらいできました。
昨日と今日は昼間でも涼しく、お散歩もラクラク。
昨日はお隣の団地で防虫・消毒の薬剤散布をした事もあって
久しぶりに車にのってドッグランのある公園に行きました。


この公園に来るのは半年ぶりくらい!

ドッグランでしか会わなかった犬友さんたち、お互いにおぼえているかな?
久しぶりに会う飼い主さんたちに手術の話を一からする事になるかな?
などなど考えながらドッグランに着いたものの…

DSC03851.JPG

超、草ボーボー。
この写真ではよくわかりませんが社長がすっぽり入ってしまうくらいに
成長した雑草のかたまりがそこらじゅうにあり、歩く事もままならないほど。
せっかくの涼しい日なのに犬も一頭もいませんでした。

このドッグランは一応、都立公園の管理下ですが
実際にはボラさんたちが手入れや整備をしていて
そのおかげで地面むき出しで土埃だらけだったドッグラン
にクローバーや芝生が根付きました。
きっと最近でも暑さの中、お手入れしてくださっていたのだと思います。
そうでなければもっとジャングル化しているでしょう。
しかしこの暑さで利用者があまりなかった事と
連日のようなゲリラ雷雨(っていうそうです)で
植物がものすご~く育ってしまったのだと思います。

この光景を見て、そんな事を考えていたら
雷は植物の育成を促す、という話をきいた事を思い出しました。
そもそも「雷」という字が「雨」と「田」ですし、「稲妻」なんて「稲」の「妻」です。
雷を伴う雨の成分はとっても植物に良いのだそうです。
今年の秋は豊作なのかなー?
国産ものの消費を推奨している政府にも、消費者にも嬉しいかぎりですが
豊作の場合によくニュースで見る、農協の指令で野菜を廃棄するシーン
あれにはなってほしくないですね。

と、いうわけでドッグランをあきらめ、園内を歩いていたら
久々の犬友たちとお会いできました。



この公園ではいつも歩く、とっても気持ちのいい小路に行こうとしたら
前方にノーリードの大型犬やら中型犬やらの戯れる姿が…
前にドッグランで流血事故に遭っている事もあり、
なにか起きたら冗談ではないのでこの道をあきらめて引き返しました。
きっと飼い主さんたちは「だ~れもいないから平気っ!」って思って
犬を離しているのでしょうね。山の中や大草原ならイザ知らず、街中の公園なのに。
「誰もいない」からではなく、「誰も近づけない」のです、アナタたちがいるから。
なんてブツブツ思っていましたが何気に上の写真にもノーリードのコがいたりして。
本人を目の前には言えない私…。








nice!(1)  コメント(2) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。