So-net無料ブログ作成
検索選択
点取り占いブログパーツ

抜糸完了 [会陰ヘルニア]

今日、社長は全部の糸を抜いてもらってきました。
そして社長にとっても私にとっても一番の問題のエリザベスカラー
傷を気にするようなら付けてください、との事でとりあえず解放されました。

エリザベスカラーはここ数日はお留守番の時だけつけていました。
これをつけている時は必ずおしっこトイレから外していたし、
うんちをしてもカラーにぶつかってカラーがうんちまみれ、
うんちまみれのカラーでウロウロした場所もうんちまみれ…
という状況で多分社長もイヤだったのでしょう、日に日に拒否が激しくなりました。

不思議な事には夫が装着させた日はカラーをしたまま
自分のベッドでよく眠り、とても落ち着いた様子。
私が装着させた日はお留守番しているほとんどの時間、室内をウロウロ、
遠吠えばっかりしてます。

この間の土日などは昼間は外していたらリビングのトイレでおしっこをしてくれました。
今日は昼間はカラーをしていつも通りのお留守番で
夕方に抜糸をして帰ってきただけなのにリビングのトイレでできました。
明日からは4日間、ずっと一緒にいられるので
その間にかなり元に戻ってくれるのではないかと期待しています。

ここ一ヶ月の間にHDDにたまりにたまったテレビ番組も一気に見られるかも…
今年のGWは何処でなにをする事もないけど
社長とずっと一緒にいられるというだけでいつものGWよりウキウキしています。
いつものGWも何処でなにをするってわけでもないんですがね。。。

なんだかいつも同じような写真なので
wanko-amiさんに提出するために撮影した
耳毛も尻尾毛もある社長写真です。





nice!(0)  コメント(4) 

黄金週間なこと [会陰ヘルニア]

GWももう終わります。
社長はというと、初日の5月3日はおしっこを我慢しておどおどしている様子や
外に出ても、排便を恐れている様子が見受けられましたが
5日にはそのような様子がかなり緩和された気がします。

4日までは多飲多尿でした。
膀胱炎の検査はつい先日シロだったので腎臓疾患を疑いましたが
5日にはそんな症状も緩和してきました。
GW最終日の6日は病院なので、念のために腎臓の検査をしてもらうべく
朝食を抜いてできたらおしっこを採って朝一番に行くつもりです。
しかし多飲多尿が2日間ほどで改善されて来た事を考えると…
エリザベスカラーをしていると喉が渇いても水を飲めず、
トイレも外してしまうので、外されているうちに飲んどけ!
その結果、多尿になるし、カラーをしてないからおしっこしとけ!
という心理なのではないか、というかそれを強く願っています。

社長が缶詰の療法食になったため
食材を仕入れる必要がなくなった事にともない、
社員の食事の食材も不足していたのですが
この休みに、社員の食材を仕入れたり、HDDにたまっていた
テレビ番組を少しずつ見たりなぞしていました。
ためていた事の中で気になっていた、ある作業を終えました。
マイケル・ジャクソンのPVコンプリートDVD」

家の車にDVDプレーヤーが導入されてから
CDで音楽を聴くだけでは飽き足らず、音楽番組を録画して
編集したものを車で聴く、という習慣ができました。
マイケル・ジャクソンに一方ならぬ興味を持っている夫のために
(ファンではないそうです)この方のPVをもちろん採用していました。
そうして録り貯めたこの方のPVと、夫がVHSで保存する
「BAD」、「BLACK OR WHITE」の完全版を併せて真の完全版を作ること。
多分、お金を出して買ってしまえば簡単なのでしょう。
しかし、自分の力で作ってこそ、真の幸せを手に入れる事ができるのではないでしょうか。
ケチだから言っているのではありません。

このDVD編成の間、いろいろな複雑な思いや
沸いてきた思い出などを徒然と書こうと思ったのですが
とっても眠くなってしまったので、後日にしようと思います。
お休みなさい。

マイケル・ジャクソンのネバーランドのあるサンタバーバラに向かう途中、
何度も行っているのに道に迷って、この場所には二度と来る事はないよね、と言って撮影した写真です。
サンタバーバラはネバーランドがあるから行っていたのではなく
なんとなく夫と私が好きな街で、LAから車で2時間くらいの場所だったので
度々訪れていました。
不思議な事にサンタバーバラは写真は全然とってなくて、動画ばっかりでした。
写真はこのくらいしかありませんでした。
しかも、サンタバーバラじゃないし。

nice!(0)  コメント(0) 

ネバーランドへの心の旅 [会陰ヘルニア]

6日、社長は病院で検査をして来ました。
いろいろと検査した中でも、気がかりだった腎臓は問題ありませんでした。
エリザベスカラーを着けての不自由な生活から
解放された反動ではないかとの事でした。
今日は昨日よりもっと多飲多尿は改善されてきていてとにかく安心しました。
一旦、薬を中止してみて、術後一ヶ月にあたる5月15日に
再び各種検査をして、薬が必要かどうかなどを判断する事になりました。
心臓の薬のエナカルドを始めるかどうかもこの日に決まると思います。

ところで先日作ったマイケル・ジャクソンDVD。
THRILLER25周年記念アルバムが出たことのプロモーションで
各種音楽番組が特集を組んだことがきっかけですが
私の記憶する新しい曲は「IN THE CLOSET」くらい、
その後はちょこちょことサビ部分のみ聴いた事あるってほどで
全然知らない曲がたくさんありました。
「意外と働いてたんだね~、この方」なんて夫に話しながら作っていました。
そしてマイケル・ジャクソンにひとかたならぬ興味を寄せる夫(ファンではないそうです)が一言、
「なんでこの辺でやめておかなかったんだろう…顔。」
この辺ていうのは「BLACK OR WHITE」くらいだそうです。
「だってさ、DON'T STOP---なんて別人だよ~。」
「本当だね~あはは。」
なんて今更ながらこの方の顔の話題で盛り上がっていました。

今まで何度も見た事のある「ROCK WITH YOU」をあらためて見ていたら
あまりにも楽しそうに歌い踊るマイケル・ジャクソンがなんだか可哀相になってしまいました。
富と栄光と望む容姿を手に入れたけどこの人は今、幸せなのかな?
ってものすごく余計なお世話ながら思ってしまいました。
訴訟関係がこの人の表情を変えた一番の原因ではあるでしょうけれど
あまりにも世間離れした数々の奇行ともとれるような行為が
バッシングのそもそものきっかけだったようにも思います。

最近ではアメリカの黒人社会も変わってきているのかもしれませんが
この方が子供の頃は昔ながらの絶対君主制で体罰バリバリの
スパルタ式に躾けられ、幼い頃から大人に囲まれて芸能生活をしていた。
日本ではたしか、「マイケル・ジャクソンの真実」とかいうタイトルで放送された
ロングインタビュー番組でも、自身が「子供の頃に虐待を受けていた」と語っていました。
そんな環境で育って世間離れした感覚が培われてしまったのかもしれません。

充分に貯金があったのに裁判費用や和解金などで想定外の財産を遣ってしまい、
現在ではネバーランドが競売にかけらるかもしれない、という記事を最近読みました。

そこから、私はサンタバーバラの思い出へと心の旅に出てしまったのです、昨日。

サンタバーバラはメインストリートも短く、こぢんまりとして
とりたててなにがあるというわけでもない小さな海辺の街です。
夫と私はなぜかその街が大好きで社長も連れてたびたび訪れていました。
せっかくだからネバーランドに行ってみようかと考えた事もありましたが
小さな怪しいアジア人(男の方は金髪)がウロウロし、うっかり敷地内に足を踏み入れたりして
不審者の住居侵入による正当防衛で狙撃されない保障はないよね、という事でやめました。
でも、でも、もしマイケル・ジャクソンにばったり会って、
「オー、なんてかわいい犬でしょう、この犬は! 私にください。」
なんて言われたらどうする?という妄想話に発展。
夫は、たとえマイケル・ジャクソンでもあげられないと。
じゃあ、1億円で買います、売ってくださいって言われたら?
それも、無理。と夫。どんどん値段を吊り上げて、5億円では?の時、
「考える。」
と夫は言いました。それでなんだかわからないけど爆笑したりして
それ以来、社長はマイケル・ジャクソンに5億円で売られちゃうって事に
我が家ではなってます。
ちなみに私は、社長秘書(世話係)としてマイケル・ジャクソンに雇ってもらう事になってました。

ネバーランドが競売にかけられたかどうかわかりませんが
今のマイケル・ジャクソンは5億円で社長を買ったり、私を雇ったりできないのか…
と、勝手に寂しく思ったりしてしまうのです。

DVDを作るにあたり、マイケル・ジャクソンのPVをざぁーっと見ていて、
以上のような長い、心の旅をしてしまいました。
曲を年代順に並べる作業でとってもお世話になったサイトがあります。

BLUEMOON
http://bluemoon.fem.jp/index1.html

個人の方が運営している非公式のファンサイトなのですが
マイケル・ジャクソンへの愛がびっしりつまっていて、
こちらのサイトを拝見してマイケル・ジャクソンがとっても好きになってしまいました。

現在では51歳か52歳だかのマイケル・ジャクソンは
もう昔のように歌い踊れないかもしれませんが
あの興奮と栄光よ永遠に! そして豊かな人生でありますように。


…。
「SMOOTH CRIMINAL」な社長を描こうと苦心していたら
またしても夫が描いてくれました。字まで…。
私の意図したものとは違う感じなのですがせっかく上手に描いてくれたので
このまま載せます。
ちなみに、DVDは、車の中でかけると運転がおろそかになるほど
見入ってしまうので夫の運転中はかけないことになりました。




nice!(0)  コメント(2) 

ラスト・フレンズ他 [会陰ヘルニア]

連休最終日の6日にはだいぶ改善されたように思えた
多飲多尿は、7日の久しぶりのお留守番からまた復活しています。
お散歩時間は、様子をみながら少しずつ増やしていいですよ
とお医者さんに言われましたが、途中で便意をもよおすと
カラリキミの時の痛みを思い出しているようで、抱っこを要求。
一進一退ですが、手術は魔法ではない、と言い聞かせて気長に見守ります。

書きたいことはいろいろあって
昨晩、寝ようとしていた矢先に地震が起こり、ゆ~らゆ~らあまりにも長くて
地震情報を見るために点けたテレビで柔道とJUDOの違いをやっていて
なにか考えさせられたはいいけど今日はものすごく寝不足だったとか
ラスト・フレンズで泣いたとか、私にとってはなんだか激動の数日でした。
その中でも中国のあの方の来日に伴う厳重な警備が大きいでしょうか。

7日午後は首相官邸から宮中晩餐会への移動の予定だったのか
あんまり詳しく知りませんが、私が通う他社様は大手町駅と神田駅の
中間地点にあり、ちょうどこの方の移動経路だったようです。
この辺りは古いオフィス街で、ブロックもとても細かいのですが
その1ブロックおきに警護の警察官が立っていました。

この界隈はメディアが騒がないような、もしくはメディアを抑えているような
各国の要人が訪れるだけででも警護の警察官があからさまに立ってます。
私は「好奇心のみです」と顔に書いてあるかもな、と思いながらも
「今日はなにがあるんですか?」なんて警察官に訊ねたりする事もしばしば。

しかし、7日のこの時は、ちょっと気軽に声をかけられないくらい、緊迫した様子でした。
いままでは、一応、カタチ通り警護はしてるけど我が平和大国日本で
そんなに大層な事件は起きないだろう、と思っていました。
しかし今回ばかりは、先日の長野での聖火リレーや
あの方来日時の流血事件などから、いつ、ここで大騒ぎが起きるかわからない
といった、ものものしい緊張感が警護の警察官の方たちからも伺いしれました。

大手町駅付近の大通りに面してからは警察官の数が激減。
なんだよ、それ。と思ってよくよく見たら、ワンブロックごとにパトカーと
鉄格子のついた窓のある護送車たち。
護送車ってこんなにいたんだな、て思いました。
護送車って、たいていカーテンがひかれているのか中がよく見えませんよね。
この日も好奇の目でみても中の様子は伺う事はできませんでした。

しかし、駅の目の前に止まっていた一台の護送車におもわず目を見張りました。
人々が満席状態にびっしりと座っています。カーテンはひかれていません。
すでに検挙された人たち!?と思って食い入るようにみました。
皆さん、観光バスにでも乗っているように、真っ直ぐ前をみて
落ち着いて着席しています。会社員風の男性がほとんどでしたが
カジュアルな服装の男性や女性も。
もしかして、私服警察官、もしくは私服刑事??
私服のほうがいろいろな場所に警戒されずに出没できますよね。
でもそんな人々を放流するって事はやっぱり爆発物とかテロリストとかを
ものすごく警戒しているって事??

駅周辺にはテレビ局のカメラらしきものを抱えている人たちもチラホラ…
もし、もし、なにかきかれたら、私は
「安全で美味しい餃子を、ラクに安く食いたいです。」
と言う他はないだろう、と緊張を抱え込みながら
自意識過剰気味にスタコラ歩いていましたが誰からも声かけられず。

私がこれから乗ろうとしている乗り物は地下鉄α線。
「ひぃー、地下は勘弁してくださいよ…」
なんて思いながら、来た電車に乗ったたらたまたま座れたので
家近くの駅まで爆睡して帰りました。

この日のライブカメラに収められた、エリザベスカラーから解放された
始めての社長の姿です。



熟睡です。これって、以心伝心。
以上です。
nice!(0)  コメント(2) 

社長のかほり [会陰ヘルニア]

最近、社長はニオイます。
ニオうというのは、
「怪しい」とか「挙動が不審だ」とか「どうやら事件となんらかのかかわりがあるようだ」
とかの意味ではなく、臭気がする、という意味です。

社長はかれこれ一ヶ月以上、療法食の缶詰を食べています。
それまでは私が作ったごはんを食べていました。
療法食の缶詰は意外と高価で、きっと内容は粗悪なものではないとは思いますが
完全密封とはいえ賞味期限が2010年2月までの缶詰と
一週間に一度、簡単に作り置きをして毎日なんらかの手を加えて
与える食事とは鮮度の違いがあるのでしょう。
缶詰がどのような行程でできるのかあまり詳しく知りませんが
酵素やビタミンたちが有効なかたちで入っているのかもよくわかりません。
食事そのもののにおいも、缶詰はなんともいえないクッサイにおいがします。

体の基盤や基本システムは生まれつきの体質が大きいかもな、と思います。
社長が食べたものを元にしてどこにどういうふうに筋肉や脂肪をつけるか
などを決めるのは生まれつきの体質が決めているのだろうけれど
その筋肉になるものや血液になるものとか
動いたり、内臓を動かすために必要な力は口から入ってくるものに頼られます。
当たり前の事ですが、口から食べたもので体は作られるのです。

一ヶ月間、毎回同じ缶詰を食べている社長はかなり缶詰でできているのでしょう。
ニオうのはそのせいかもしれません。
私の場合、社長からにおってくればそれなりにいいニオイだと感じてしまいますが
一般的にはこれがいわゆる「犬クサイ」、「動物クサイ」ってやつかな~なんて思います。
こんなニオイをただよわせているのも今の内、これはこれで堪能しておこうと思います。

社長の食事を作っているというと、「すごい!」と言われる事が多いですが
毎回毎回、総合栄養食になり得るような、ご大層なものを作っているわけではありません。
忙しい時なんかは水洗いした釜揚げシラスとごはんとこまかくしたワカメ、ゴマ
野菜か果物、オリーブオイル…なんて時もあります。
最初のウチは少しお勉強をして、一般的に与えてはいけないと言われているもの、
自分ちの犬またはライオンが苦手なもの、体質的に問題のあるものなどを除いて
一週間の間にだいたい総合栄養食になり得たら良いのではないか、という程度でやっています。

あまり一生懸命にやってしまうと、特に私の場合は長続きしません。
サボれる要素、手抜きできる要素はしっかり用意しています。
さきほど挙げたような「その日にあるものでてきとう混ぜご飯」の他、
忙しくて買い物にも行けなかったり、体調が悪かったり、
外泊時に使い捨て容器で簡単に持って行きたかったり、
とにかくどうしてもなにがなんでも絶対にサボりたかったりする時のために
手作りご飯の宅配も利用しています。
手作りご飯の宅配はいろいろなお店がありますが
私が利用しているのはこちら

わんワンGRILLうっじゃん
http://www.wanwangrill.com/index.html

気付くと半年くらい注文してなかったりするのですが
メニューがたくさんあって、特に好き嫌いの激しくない社長は
一回の注文で10日分とか二週間分とかのおまかせセットです。
そんな中で「これは食指が進まないようだった」というものは
申し出れば次回からそのメニューは外してくださいますし、
個別に相談にものってくれます。
これから手作り食に挑戦したい方が参考にしてみるのも良いかもしれません。

社長がニオう話から手作り食のススメみたいな話になってしまいましたが
私は絶対に手作り食がいい!とも思っていません。
強迫観念のように思い込んで、飼い主の負担になってしまっては
犬も負担…というか心配に感じるかもしれません。
ただ、体臭がキッツイとか、よく聞くのが、涙焼けとか皮膚トラブルなどで
お悩みの方は試しに少しずつ取り入れてみるのはよいかもしれません。

話の主旨と全然関係ありませんが今日、おチンチンの縫ったところの写真を撮りました。
下は手術の翌日の写真です。抜糸をしたのが大きいですがすっごくキレイになりました!

DSC03478.JPG
DSC080417-1634~02.JPG



nice!(0)  コメント(6) 

餓える。 [会陰ヘルニア]

私は今日、…10年以上? いいえ、それ以上振りに
シングルCDなるものを買おうとCD屋さんに行きました。
まだ発売前だった事を知って予約をしました。
発売日は5月21日だそうです。一週間以上あります。チッ…

私がどうしても欲しい、シングルCDは
宇多田ヒカルさんの「Prisoner of love」
フジテレビの連続ドラマ「ラスト・フレンズ」の主題歌です。
前日にもチラっと書きましたがこのドラマにハマリまくりです。
5話では泣きました。という話を他社様で言ったところ
ブーイングの嵐を浴びました。
泣き所が人さまとズレているのは昔っっからです。

暗くてせつないお話なのですが、こんなお話に
搾り出すような歌声の宇多田ヒカルさんの「Prisoner of love」
がとてもマッチしてしまっていて、この曲をきくと心がザワザワしてしまいます。

1話と2話のダイジェストみたいのがYoutubeにありました。
暗いドラマを好きな方、佳境はこれからです。
一緒に捕らわれましょう。






実は


nice!(0)  コメント(4) 

検査な日 [会陰ヘルニア]

今日は、私の健康診断と社長前立腺の検査でした。
バリウムを、飲んできました…。
こればっかりはどうしてもダメです。

いつもは、でっかいけど狭いレントゲン車で、すし詰め状態に
座って待っている人たちの前で発泡剤とバリウムを飲み、
自分の前の人の撮影が終るまで
げっぷを我慢して待っていなければなりません。
前回は発泡剤を飲んだ段階でムセてしまい、
万が一、バリウムが肺に入ってしまうと大変な事になると言われ、
その前に異常がない事と自覚症状がない事から中止になってしまいました。

今日の撮影は前後の人が見える場所におらず、
撮影する機材に立って、片手はポールを強制的に掴まされた状態で
発泡剤とバリウムも飲みました。
注目を浴びるでもなく、焦る事もなく、あわてずに
落ち着いてできた気がします。撮影は慌しかったですが。

そんな事より、社長の検査では、前立腺は小さくはなっていました。
劇的な変化というわけでもなさそうです。
手術後の説明で、前立腺は去勢をしたからすぐに小さくなるわけではなく
一ヶ月くらいは平たいうんちがでます、と言われています。
一ヶ月経った今でも平たいうんちが出るし、
うんちが出にくくなる前みたいに長いふっというんちは出ていません。
もしかしたら前立腺が全然小さくなっていないのかもしれない…と思っていました。

去勢をしたのに全然、前立腺が変わっていなかったら
低い確率とはいえ、前立腺ガンを視野に入れなければならない、
とかなんとか考えていましたが、少しは小さくなっているとの事。
私が考えていた不安を獣医さんに伝えたところ、
まだ一ヶ月なので気長にみてゆきましょう、と言ってくださいました。
そして、食事は少しずつ今までの食事に戻しても良いです、との事でした。

が、しかし、缶詰の療法食はさすが療法食だけに、
うんちを柔らかくする薬・ラクツロースを入れなくても、私が作るごはんより
柔らかいうんちが出ます。
社長の前立腺とうんちの状態が以前のように回復していないのに
以前とまったく同じの食事を与えるのは考えものです。

私が作るごはんは、まあ日によって多少の違いはあっても
食物繊維は充分に入っていたと思うのでそれ以外に
うんちを柔らかくする要素を取り入れなければなりません。
うんちをあまり多くしなくて、充分な栄養を摂れるようにしなくてはならない
とも言われています。

うんちを多く作らないためには生肉が良いようです。
たとえ冷凍したとしてもその後に過熱するより
有効な酵素が多く残るから早く分解されて吸収も良いのでしょう。
しかし、柔らかいうんちを出すには…?
りんごのすりおろしとヨーグルトは以前から入れています。
それでも缶詰の療法食ほど柔らかいうんちは出ません。

これにはまだまだ研究しなくてはなりません。
前立腺が充分に小さくなるまで
なにも無理に私のごはんに変える必要もないのだ
と思って気長に研究しようと思います。



…ところで、今日のラスト・フレンズの最後はまた
違うバージョンのPrisoner of foodsじゃなくてPrisoner of loveでした。。。
なんだか益々一人ぼっちになってしまったあの子…。オー、ノ~~~
全11回の6回目。ワタオニみたいに永遠に続いてほしいなー、このお話。



だいぶ前の社長です。






nice!(0)  コメント(4) 

ウサギ犬 [その他]

社長の多飲多尿はよくなってきたと思うと翌日には復活したり
昨日などは激しかったのですが今日はそれほどでもなかったり。
一雨ごとに春がくるように、少しずつ少しずつ
いろいろな事がよくなって行くのだろう、と思います。

明日は久しぶりに社長のごはんを作って、療法食に少しずつ混ぜてゆくつもりです。
やわらかうんち作戦はまだ迷走中ですが
私のごはんでどのくらい、硬さがかわるかを目安にして
いろいろと工夫したり調整したりするつもりです。

そんな中、私のバリウムは飲んで二日目にして出し切った感あり。
もっともどうでもよい事でした…。

今日は久しぶりに夫と会いました。
3時とかまでこのブログを書いている私と全然会う事がないくらい忙しくしていたのですが、
それから朝まで少しずつ製作していたものを見せてもらいました。

DSC03514.JPG
「…はっ?」て感じですよね。

拡大版↓
DSC03498.JPG
携帯ストラップです。 正面は…
DSC03506.JPG
これはポストカードなんだそうです。
ちょっとYMOの「増殖」を彷彿してしまう私です。
余談ですが私より少しばかり若い夫は「増殖」を知らないそうです! ゲッ…。

このキャラクターは「usagiinu」というそうでして、モデルは当然、社長です。
これは東京ビッグサイトで開催されている「デザイン・フェスタ」で出品するそうです。
夫の趣味にほとんど関与しない私は詳細をよく知らないのですが
5月17日(土)、18日(日)に開催されて、いわゆる素人さんたちが
自分の作品を展示したり販売したりするそうです。

前回、友人に誘ってもらって、作品を販売せずに展示だけしたそうなのですが
いろいろな人から興味をもってもらって、買いたいと言ってくださった方もいたとかで
思いの外、楽しかったのだそう。今回は欲を出して、売る気で何体か作った様子。
明日、がっかりして帰って来なければよいのですが。
きっとこういう趣味や才能のある人はいろいろな人のアイディアと感性のつまった
作品を見るだけでも楽しいのでしょうね。
屋外ブースもあるそうなので、私も社長を連れて見に行こうと思っていたのですが
療養中の身となってしまったので、お留守番をしています。



そうそう、デザイン・フェスタの詳細です。
http://www.designfesta.com/jp/df/event/index.html
年に2回、開催されているそうです。

nice!(0)  コメント(8) 

祝Prisoner Of Love [音楽]

今日は宇多田ヒカルさんのCDシングル「Prisoner Of Love」の発売日でした。
私は予約をしたので昨日20日に、手に入れて早速ききました。
とっととウォークマンMP3プレーヤーに入れて、
やっとリピート攻撃できる!と、はりきってとりあえず聴いてみましたが

なんか違う…。
一体、なにが?この違和感はなんだろう?

DVDも音源もCDで手に入れたかったので意地でもタウンロードせず
我慢に我慢をかさねて発売まで待ちました。
しかし、どうしても聴きたかったので、CDを手にするまで
携帯電話で録画したラスト・フレンズを後生大事にとっておき、
この曲が挿入歌として入っているシーンを
リピートして聴きながら歩いたりしてました。

こんな感じです。曲を知らない方はちょっとイラつくので、とばしてください。長いし。


♪ アイジャスプレーズナーオブラー

 「どこ行くの、みちる。」

♪ プレーズナーオブラアアァァー

 「アイツんとこ?」

♪ へいきなかーおで

 「ちがうよ。」

♪ ウソをついてーー

 「ちょっと、先に帰ってるだけ。」
 「ウソつくなよ!」

♪ わーらーっていやけがさーして
 
「知ってたよ。アンタがウソついて彼と会ってたの。」



 「強くなれよ、みちる。」

♪ あいのかげをおーっているぅ

 「もっと強くなれるはずだよ。なんで負けちゃうんだよ。」

♪ たーいくつっな まーいにちっが きゅーうにかっがーやきーだーしたっ
♪ あーなたが あーらわーれーた あのひ
 
「わたし、」

♪ こーどくでっも

 「弱虫だもん。」

♪ つーらくてっも へーいきだっとーおもえたぁ 

 「るかはいいよ。るかは強くて、素敵で、家族に愛されてて。」
 (バックにずっと♪プレーズナーオブラー)

 「でも私は」

♪ あらしのひっも はれのひもーともーに

 「弱虫だから」

♪ あゆーもぉ

 「宗佑の弱さがわかる。」

♪ ユザチュ ひとしれず つらーいみちをーえらぶ


最初はセリフが邪魔だなぁ、細かいアレンジがあんまりわからないじゃん・・・
なんて思っていたのですが、いつの間にか私の脳には
セリフ入りのこの曲がすっかり刷り込まれてしまったようです。
違和感を感じたのは、「セリフ」が入ってないからでした。

そういえば携帯電話でこの部分を聴きながら歩いている時
前から来る人に二度見される事がしばしばありました。
よほど苦しい顔をしていたに違いありません。

「Heart station」収録時にすでにドラマとのタイアップが決まっていたのに
シングルカットが遅すぎるからこんな事になってしまったじゃないか~!
車用DVDには、ドラマの挿入歌部分を入れました…。


ウチのPrisonerです。
この日のお昼の社食はおソバ。





無抵抗に襲われている男…。
nice!(0)  コメント(7) 

腰痛など… [腰痛]

21日の夜、社長と私はボール遊びをしていました。
社長がボールを踏んでしまい、「ワォン!」と鳴いて、
腰痛が再発してしまいました。

社長は2年ほど前にギックリ腰をやっていて
その時は腰痛とわかるまで何軒かお医者さんに診ていただいたり
お医者さんによって言う事がちがったり、いろいろと大変でしたが
結局、2週間の絶対安静の後、10分くらいからお散歩を始めて
一ヶ月後には以前と同じに生活ができるようになっていました。
しかしヒトでも犬でも一回腰を傷めてしまうと爆弾を抱えているようなもの。
気をつけていたつもりでした。

痛そうにして、あまり動こうとはしませんが以前のギックリほどではない様子。
またしばらく絶対安静です。踏んでしまったボールは布製のフニャフニャなもの。
こんなに悪くなってしまうなんて、踏んだ時のポーズというか
アンバイが相当悪かったのか、油断はできないな、と思いました。
一週間ほど安静にしていれば大丈夫だろう、と考えていました。

社長は毎朝、私よりも早く家を出る夫を玄関でお見送りします。
その際に、朝支度に忙しくしている私に抱っこを指示するのですが
翌朝もいつものように抱っこを指示。
夫は社長の腰痛を考慮して、抱っこしなくていいよと言ったのですが
大丈夫だと思って抱き上げた途端にクンクン言い出し
なにがなんでも降ろせって事になってしまいました。
普段、それほどわがままを言わない社長。
ただならぬ雰囲気を感じて、いそいでやわらかい羽根布団の上におろしました。
「痛かった~」って顔でしっぽをぷりぷりしていましたが
顎をおろして落ち着いた様子。お留守番の間、ゆっくり休んで
少しよくなってくれれば良いが…と思いながら家をでました。

夕方に病院に連れて行くか…?
今までの経験からのみで想像すると、消炎剤を処方してもらって
絶対安静を渡されるのみかな、と。
ヒトなら鎮痛剤やシップも処方されるところだけど
犬猫の場合、神経痛でシップを処方される事はほとんどないそうです。
鎮痛剤で痛みが和らぐと、本来なら安静にしなければならないのに動いてしまうから
ウチが行っている病院では処方するかどうかの判断は飼い主にゆだねられます。
我が家の場合は排便や排尿が困難なほどでなければ
社長には申し訳ないけど鎮痛剤は処方してもらわない事にしています。

いつも気をつけている事なのですが、私の帰宅時には
熱烈歓迎のあまりスタンディング・オベーションしようとする社長を
絶対、立たせないようにいつもより気をつけなければっ!
と気合をいれて帰宅しました。

社長は玄関どころか、リビングの、いつものベッドではなく、
座布団の上でしっぽをすごい勢いでぷりぷりふっていました。
動けない?
しばしの間、社長のそばで顔舐めまわしの熱烈歓迎を受けました。
「そのまま、動かないで」とお願いして、帰宅後支度を済ませると
ひょこひょこノロノロと歩いてきてくれたのですが
少し動くと痛みがくるようで、固まってしまいます。
前日より悪化しているように見えます。
多分、その日の朝の抱っこを指示する時の
中腰の姿勢で両手を私の腕にかけるポーズがダメだったか
抱っこした時の、腰に重力がかかる姿勢がダメだったか
とにかくあの時だったように思えます。
トイレには大量のオシッコがしてあったので、排尿はできていました。
様子を見ていると、少し動くと痛くて怯えたように固まる。
こんな状態でキャリーに入れて病院に連れて行き、
診察台で診察してレントゲン撮って…って行為で
ますます傷めてしまうのではないか。車の揺れですら今の社長にはキツいだろう…
翌日に排便がなかったり、更に悪化したり
ということになったら強行でも病院に連れて行こう、と思いました。

そんなわけで社長の食事は退院してきた直後の
安静度が高い時用の少量で、私のご飯よりうんちが柔らかくなる
缶詰食、ラクツロースも退院直後の量に逆戻りする事にしました。
天然の消炎剤と言われるショウガのすりおろしを加えて…

社長はいつも私をストーキングしているのですが
その日はなるべく動こうという気を起こさせないように、
引越しの時に子供の頃に使っていたケージを譲ってしまっている我が家では
私がなるべく動かない!って決めて、必要最低限の仕事をすませ、
コタツかけ布団の隅で寝ている社長のそばでたまに話しかけながらすごしました。
翌朝おきると、夫もリビングのソファに寝ていました。

社長は相変わらず食欲旺盛。
食べ終わると、便意を感じだし、少し怯えたような様子をみせました。
なるべく動かないように、と思って小さいトイレを社長の近くに置いてみましたが
それをさけて、いつものでっかいトイレまでノロノロヨロヨロと歩き、
痛そうにクンクンなきながらうんちをしました。
その後、少しウロウロしましたが、精魂尽き果てたという様子で
また痛そうにゆっくり伏せて眠る社長。
とにかく排便はできた。しかしこの状態では立派な排便困難。
昼間、ゆっくり休んでもらって、帰宅してもこの状態であれば
病院に電話して連れて行くべきかどうか、問診のみで鎮痛剤などなどを
出してもらえるかどうかをきいてみようと思いました。
私はコタツで寝たせいか全身の痛みをおぼえながら他社さまへ行きました。

この日23日はライブカメラでチェックした感じでも少しよくなっている様子でした。
帰宅すると、玄関まで出迎えてくれて、なんとスタンディング・オベーション未遂。
でもやっぱり少し動くと、辛そうにおどおどしながら固まります。
病院に電話をしなければ、と思いながら遠のく意識…
社長も元気そうにしてくれている。少し休んでからでも…いいか…。。。
ちょっと気絶状態でその場に寝てしまいました。

……はっ!もう社長のごはんの時間。社長は私に寄り添って寝ていた様子。
私が起きたらしっぽをふってくれました。
私が食事のしたくに立つとひょこひょことついてこようとしましたが
「ここで待ってて。」とお願いしたら納得してくれました。
歩き方もしっかりしてきていました。
この日の朝までは伏せたまま、私が手でごはんをあげましたが
夜はいつものように自分からすすんで立って食べました。
ごはんがすむとトイレに行って、うんちも普通の調子でできました。
これなら鎮痛剤も処方してもらわなくても大丈夫そうです。
痛みが和らぐにつれて活発になって遊びを要求してきましたが
ここはまた辛抱して安静を保ってもらわないとなりません。

私は社長と一緒に2時間ほど寝て、ずいぶんすっきりしましたが
体の痛みは相変わらず。も、もしや…と思ったら、発熱してました。
この日は最高気温が27℃もある夏日だったのですが
すごく寒くて着込んだり、かと思えば暑くて暑くてダラダラ大汗かいたり…
の繰り返しで、なんとなく予感はありました。
…んが、一晩で復活。今日は美容院へ行ってきました。

恐るべし、自分。
そして頑丈にうんでくれてありがとう、ママン。
実は夫もとある疾患が発覚して、闘病中となりました。
なんだか一家ボロボロですが皆、快方に向かっています。



こんなふうに寝てた日の夜に腰をやってしまいました。

nice!(0)  コメント(2) 

見極め。 [腰痛]

社長腰痛は、あれからグングン調子がよくなり、普通に元気な犬です。
二週間は絶対安静!という私の決意が揺らぐほど
お散歩とか遊び(とか食べ物)をねだるのですが
ここは心を鬼にして「これからずっと元気に暮らすためだよ。」
と社長に言い聞かせてまったりモードで生活してます。

ご心配いただいている方々、報告が遅くなって申し訳ありませんでした。
そして本当にありがとうございます。


ところで…
お散歩仲間に「最近、どうしたの?」なんて訊かれて
「腰痛で今は安静にしてるんです。」と答えると
「なんで腰痛ってわかったの?」と訊ねられる事がとても多いです。

言葉を話せない犬の不調をどのように察知するのか
その前兆など、犬飼いの方々には最大の関心事です。

お腹が痛くても、腰が痛くても、犬は丸くなります。
食欲がなかったり、嘔吐したり下痢したりする場合は内臓痛が疑われるそうです。
お腹が痛い場合は足の付け根あたりに力が入っている事もあります。

一方、腰痛の場合、上記のような
食欲不振・嘔吐・下痢はなく、むしろ便秘気味になります。
うんちが出ても、いつもより量が少なかったり、回数が少なかったり、
うんち自体が細かったりします。
そして腰痛の場合、少し安静にしていると痛みが和らいで元気!
になるので普通に散歩をしたり走ったりすると、その後また
元気がなくなり丸くなってしまう事が多いです。

内臓痛にしても腰痛にしても、痛みがある場合は
なにかに怯えているような、おどおどしたような態度をとります。

なんてエラそうに書いてますが、これは我が家の社長の場合です。
ウチの社長は比較的、不調を私に訴える方です。
ノミ一匹いると「もうダメ、助けて…」って態度になってしまいます。

ワンちゃんによっては不調であればあるほど調子よく装う子もいるそうです。
とにかく、いつものワンの様子と違うかも??
と感じたらいつもはどうなのか?それがどう違うのか?
など観察して、可能ならメモにつけたりなぞしてみてください。
メモをとっていると意外な変化に気付いたりもするかもしれません。

当たり前のことかもしれませんが
よく訊かれる事なので、関心度が高いのかも?と思って大まかに書きました。

私が勝手に思っている事は
自分は社長の世界宇宙唯一の専門家だということです。
犬猫飼いさんは獣医さんに、獣全般の専門家だからと任せたりせず、
なんでも気が付く事は、なるべくメモをコピーしたりなぞして
犬猫さんたちの代弁をするようにしましょう。

私もまだまだ修行の身(?)。これからもっと精進するつもりです。
おやすみなさい。
グー…。。。







nice!(0)  コメント(4) 

舐め壊し [その他]

「人畜共通感染症」最近ではカタカナでズーノーシス(zoonosis)と表記されている事も多いです。
最も危険で有名なものの代表で狂犬病。
ほかにはブラック・ジャックこと間黒男氏が荒野でディンゴとかいう狼みたいなひとたちに
狙われながらも自分で自分を手術しちゃったエキノコックス症、
その他、日本脳炎、オウム病、Q熱など
この人畜共通感染症、最近のペットブームで急激に増加しているそうです。

予防のためには、犬猫に施すワクチン。
そして犬猫鳥に触ったら必ず手を洗う。
糞尿をすみやかに処理する。放置すると乾燥して空中に舞い
知らずに吸ってしまって感染する事もあるそうです。
そして、口移しで食べ物を与えたり、ましてや口と口でチューなんて言語道断。
絶対にしてはいけない事の一つです。
言っておきますが、狂犬病は唾液感染です。

上記は厚生労働省のHPを参考にさせていただきました。
http://www.forth.go.jp/mhlw/animal/index.html
私が見た限り、ライオンに関する記述はありません。
ウチの社長はライオンなんで、オールOKです。(※ウソです)



ところで。
犬はストレスがあると、自分の手足を舐め壊す症状が見られる、とよくききます。
我が家の社長(ライオン!マルチーズのフリした…)は
会陰ヘルニアに伴う、入院・退院後のエリザベスカラー生活中から
多大なストレスを抱え込んでしまったようで、この「舐め壊し」を激しくするようになりました。
が、術後の回復にしたがって、エリザベスカラーが外れ、トイレや食事、お散歩が少しずつ
元に戻ってからはこのような症状も軽減されてきました。

しかし、突然の腰痛再発により、またしても食事とお散歩、くわえて室内での運動を
制限された状況で再びストレスによる「舐め壊し」が始まってしまいました。
ただし、社長は犬ではなくライオンなので、自分の手足を舐め壊したりしません。
標的は私の顔・主に口周辺です。
一回・10分~15分、それが一日4セット~5セットです。
一日1時間以上は、ナメられてます。

完全肉食と言われている猫さんの舌ほど、犬の舌はザラザラはしてませんが、
実際にはナマの骨にこびり付いた血肉をあます事なく食するために案外ザラついてます。

一日に1時間強、一生懸命にナメられていると
結構、大変な事になります、口角のあたりが特に…。

手術後の退院時はこんな事になると思わなかったので特に対策をとらずにいたら
口角が赤く腫れあがり、うがいや歯磨き時などの、口を大きく開く時には
とても痛いことになってしまいました。

今回の腰痛に伴う日常生活のストレスによる舐め壊しでは
1回10分~15分のチューの後、ラスフレでコーチにチューされちゃった瑠可
またはエリにチューされちゃったタケルさながら水道でものすごく口周辺を洗い流しています。
「イヤだから洗ってるんじゃないんだよ」と社長に言い訳しながら。

本当はイケナイ事ですが、私的には社長が自身の手足を舐め壊すよりラクです。
薬を塗ったりなど、対処できますしなにより、よくきく「舐め壊し」がどんなに痛いかわかりました。

今回の安静で、トイレもおかしくなってきている社長。
また日常生活に戻れば、すべてうまくいくはず。
私の口の舐め壊しもいずれはなくなるでしょう。











nice!(0)  コメント(6) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。